編集Y(以下Y):野中さんが勝手に天敵といっている福永騎手のプリモシーンを推して馬券になったとごく一部のマニアックなファンの方が騒いでいました。

野中(以下野):結局、混戦レースでもノーザンF関連馬が来てしまうということを示しているよね。先週のヴィクトリアMは勝ったのがノームコア。ノーザンホースパークマラソンもあったので、生産者の代表者はノーザンF天栄の場長が表彰式に出席していました。

Y:終わってみれば1、2着がノーザンF天栄帰りということでしょう? 結局、外厩が重要ということが証明になっただけでは?

野:先週も指摘したけど、厩舎との相性もあると思うよ。萩原厩舎は無理使いしない厩舎。つまり、外厩明けのようなちょっとガス抜きしたり、間隔が開いたレースでいいというのは想像がつくよね。

Y:オークスはグランアレグリアが不在となりましたが、無事に桜花賞上位馬が出走してきました。

野:ここにフローラS1着のウィクトーリアやフラワーC1着のコントラチェックが絡んでくるというレースでしょう。

Y:なんだかんだいって桜花賞出走馬が強いレースですよね。

野:どの馬もほぼ初めて2400mを走ることになるので、距離適性が云々というよりは完成度とか近走好調度が重要になるというレースだよね。

Y:フローラS組はほとんど外厩を使わない(日程的に意味がない)ので、桜花賞組が中心となるのかなとは思いますが。

野:個人的にはやっぱりクロノジェネシスだよね。ノーザンF生産馬でありながらバゴ産駒だし、桜花賞での内容を考えれば上位なのは間違いない。ダノンファンタジーとの直接対決ではやや分が悪いもののそれほどの差ではないし、桜花賞では先着。東京コースも向いているしね。

Y:ノーザンFしがらきも力が入る一戦でしょうしね。あれだけ天栄、天栄と言われると、外厩の本家はこちらというのもあるでしょう。

野:そこは邪推だと思うけど(笑)、ノーザンFしがらきも若手厩舎との相性はいい。斉藤崇厩舎はノーヴァレンダ(キャロットF)もいるしね。

Y:そういった意味で、オークスはクロノジェネシスということでよろしいのでしょうか。

野:後はノーザンF天栄絡みならコントラチェックも重要でしょう。一時期、藤沢和厩舎はノーザンF系の馬でも結果が出なかった時期があるけど、レイデオロを筆頭に最近はノーザンF系との相性が抜群。藤沢和厩舎の場合、追い切りで速いところを滅多にやらない分、乗り込み量自体は豊富。ノーザンF系外厩との相性は近年急上昇しているのは確か。この馬も未勝利を脱出した一戦以外は全てノーザンF天栄へ放牧に出されている。

Y:藤沢和厩舎は社台F系のシェーングランツもいますが。

野:これもこそっと話題になっていたけど、昨年のデビュー以降は全て厩舎で調整されていたんだ。それが桜花賞後に山元トレーニングセンターへ短期放牧に出されていた。

Y:それはどういう意味なんでしょうか。

野:結果はどうなるか別にして、大きく馬体も桜花賞では減っていたし調整が難しかった。そこでリフレッシュしようと短期放牧に出たということが推測される。

Y:つまり、買いでしょうか?

野:休み明けでも藤沢和厩舎で調整してアルテミスSを勝利していた訳でしょう? それが調整方法を変更して短期放牧に出すっていうのは厳しいと思う。だって、外厩スタッフにしてみれば久し振りに同馬に触ったってことだよね…。

Y:なるほど。ノーザンFのように期待馬はとりあえずレース後に外厩へ出すという方針なら、馬の状態も把握しやすいというのはあるのか…。?

野:単に外厩を使っているいないというのもチェックする必要はあるかもしれないけど、厩舎との相性などを見る必要があるというのは間違いないでしょう。

5/19(日) 東京11R オークス(G1)(芝2400m)
注目馬 クロノジェネシス

管理する斉藤崇厩舎はノーザンF系の馬がメイン。ダッシングブレイズはノーザンFがアテンドした馬で外厩にノーザンFしがらきが使用されることが少なくない。つまり、ノーザンF系との相性がいい厩舎といえるだろう。常に外厩を挟んで使われているし、桜花賞の内容からも上位必至だろう。