編集Y(以下、Y):いつもの野中さんに戻りましたね(苦笑)。

ライター野中(以下、野):そういわれても仕方ないかもしれないけど、フローレスマジックがあれだけ人気なければ買うんじゃない。どちらにしてもサラスは買い辛い。

Y:サラスは紫苑Sでも、それなりに人気になった経験のある素質馬でしたけどね。

野:基本的に重賞レースでノーザンF系外厩と社台F系外厩舎なら、前者になるじゃない。

Y:確かに。ただ、ここでは軽く触れただけでしたけど、エプソムCは池添学厩舎が使い分けたサラキアが2着でした。

野:外厩だけで馬券の軸が分かるほど甘くはないと思うんだよ。だけど、そこに厩舎の戦略とか、使い分けの意図みたいなのを見抜ければチャンスはあるはずなんだ。フローレスマジックを推したのは短期的視点では大ハズレだし、言い訳になってしまうけど。

Y:ハズレはハズレで反省して貰うとして、厩舎の意図とか厩舎より支配力が強いとされる大手生産者の意図が読めれば、狙うべき馬には近付けそうですよね。

野:そういう意味で、ユニコーンS(G3)っていろいろと考えさせられるレースだと思うよ。まず、芝のレースと違って使い分けがし辛いレースだよね。

Y:3歳ダート路線ではユニコーンSが初めてのJRAでの重賞レースになりますからね。

野:オープンの数も限られているし、交流競走はJRAの出走枠もある。基本的には強い馬がぶつかるという構図でいいと思うんだよ。結局、大井で行なわれるジャパンダートダービーに出走するにも、このユニコーンSをステップにするなら最低でも2着以上は欲しいでしょう。

Y:そうなると、同じクラブ馬同士でもぶつかるという構図になりがちですよね。

野:もちろん、ノーザンF系の外厩などは天栄組としがらき組でライバル心も強いと聞くし、東西の所属で異なることもあるんだろうけど、基本的に同じレースへ複数頭出走させるのはロスも多い。

Y:となると、ここはヴァイトブリックノーヴァレンダということになるんですね?

野:ご名答。キャロットFは昨年、馬主ランキング(賞金)でシルクRの後塵を拝してしまって3位だった。時にサンデーRを上回って1位になったこともあるクラブ法人だし、後輩というべきシルクRの後塵を拝したくはなかったことでしょう。サートゥルナーリアがホープフルSや皐月賞なども勝って、大将格のレイデオロ、先週エプソムCを勝ったレイエンダなど楽しみのある馬も多い。ただ……。

Y:あ、出た。また「ただ……」。今年はシルクRを押さえて2位にいるじゃないですか。

野:そうなんだけど、シルクRはインディチャンプが安田記念を勝利、アーモンドアイもさすがというところをみせた。春は結果が出なかったけど、ブラストワンピースなどもいて、オープンクラスの層の厚さはシルクRの方が上という見方もできる。

Y:グローリーヴェイズ(天皇賞春2着)、プリモシーン(ヴィクトリアM2着)などもいましたし、この春はキャロットF以上の勢いがあった気がしました。

野:ここはシルクRの出走馬はいない状況。天栄率いるヴァイトブリックvsしがらき率いるノーヴァレンダの構図となっている。つまり、キャロットFは勝てそうな重賞だと拾いに来ていると思うんだよ。

中でもヴァイトブリックは力が入るだろう。前走の兵庫CSは、同じキャロットFのクリソリベルに敗戦。こちらは音無厩舎の所属馬で関西馬。交流競走で1、2着を決めた。

Y:なるほど、兵庫CSとは対戦相手がノーヴァンレンダと変わっただけといいたい訳ですね。

:ノーザンF提携下にあるクラブに求められているのは芝重賞での派手な活躍かもしれない。だけど、会員は最終的に勝てばいい側面もある訳だから、ダート路線でも強ければ問題ないはず。クリソリベルは3連勝を挙げ、JDDへ出走を表明しているので、ここはその次の馬を決めようとするレースだと思うんだよ。ノーヴァンレンダは一応、全日本2歳優駿を勝利しているし、ヴァイトブリックはタイトルが欲しい状況。しかも、しがらき組に2走続けて負けたくはないはず。

Y:ヴァイトブリックは有力馬だ評されていますが、キャロットFとノーザンF外厩の状況から上位と判断するってことも可能なんですね。

:どうしても早々にかち合ってしまうのが3歳ダート路線。今はノーザンF系だけではなく社台グループ全般的にこの路線も強い馬が目立つようになってきてるし、ガチ感が強いよね。

6/16(日) 東京11R ユニコーンステークス(G3)(ダ1600m)
注目馬 ヴァイトブリック

外国産馬でダーレー系のデュープロセスなどの有力馬も少なくないが、ヴァイトブリックは賞金を稼がせたくて仕方のない状況だろう。中途半端に稼いでしまうと使うレースも限られてしまうし、交流重賞へ出走するためにもしっかりとノーザンF天栄でしっかりと乗り込んでの出走となる。