編集Y(以下、Y):裏目に出てしまいましたね。

ライター野中(以下、野):能力的には何とかなると思ったけど、どうやらそういう問題でもないでしょう。外厩とか在厩とかそういう問題ではなかった。マカヒキの調教を悪いという人は少ないと思うし(時計面では)、あれだけ間隔を詰めてしっかりと乗り込んだのに結果がでない。つまり、現状では厳しいという結果が見えてなかった。

Y:とかなんとか反省している振りして、また穴馬を挙げるんでしょう?

野:ドキッ。ただ、ノーザンF系の外厩ばかりを取り上げたくないという面もあるのよ。ノーザンF外厩を使っているクラブ馬を挙げていれば、先週だって確かにリスグラシューをピックアップすることはできたかも。

Y:いきなり坂路で51秒台が出ているって指摘してましたもんね。

野:馬券に役立つという意味では、ベタな方がいいのかもしれないと悩むけど、もっと小ネタ挟んだ方がいいでしょう?

Y:馬券の方がいいなー(笑)。

野:まぁまぁ、そういわずにしばらくお付き合いください。来週は馬券寄りのネタになると思うし。 今週はCBC賞ラジオNIKKEI賞の2つの重賞があるけど、外厩の要素がより重要だと思われる後者を取り上げてみたい。

Y:近年の福島重賞は、レースに関わらずノーザンF天栄+クラブ馬みたいなイメージがありますが。

野:その認識で問題ないでしょう(笑)。関東の重賞が大半そうだけど、ラジオNIKKEI賞ではフィエールマン(サンデーR)、セダブリランテス(シルクR)、ゼーヴィント(シルクR)が過去3年で馬券になっている。

Y:じゃ、今週は簡単じゃないですか。ブレイブメジャー(シルクR)でいいじゃないですか。

野:当初はそうしようかと思っていたよ。夏の福島重賞である七夕賞とこのラジオNIKKEI賞では近年、シルクRの猛攻が凄い。

Y:それなのにも関わらず、違う馬を推すんですか。

野:戸崎騎手のJRA通算1000勝も今週達成されそうな勢いがあるし、このレースの前までには決まっているとは思うけど、重賞制覇で花を飾るということも考えた。

Y:それでいいじゃないですか?

野:ノーザンF外厩の凄いなと思わせるところは、そういった単純な馬でもバシバシくるところにある。他の外厩とは明らかに違うのは、あちらこちらで指摘されている通り。

Y:特に新馬戦と2、3歳限定戦では、ノーザンF系外厩を使った馬の成績が圧倒していたりしますもんね。

野:そうなんだよ。しかも、今週から美浦はウッドコースが改修工事で使えない。となると、ノーザンF天栄なりしがらきで仕上げられた馬で、厩舎ではサッと仕上げるみたいな馬がいいじゃないなかというのは誰もが思うことだろう。

Y:萩原厩舎も、ノームコアとか今春はノーザンF系の馬で結果を残していますしね。

野:しかも、萩原厩舎は間隔を詰めて乗り込むけど、速い時計は出さない厩舎。ノーザンF系外厩との相性も良さそうだ。

Y:そこまで分かっていて、何の馬を本命に推すんです?

野:マイネルサーパス

Y:相変わらず好きですねとしか。

野:確かに、ダービーで好走した訳ではない。プリンシパルSが雹で延期になった悪影響があったとしても、9着はメンバーを考えれば平凡。だけど、伝説のきんもくせい特別の勝利馬の復活があってもいいと思うんだよ。

Y:ダービー後は、ビッグレッドF鉾田で再調整されていたんですね。

野:マイネル軍団だって、社台グループに次ぐ勢力なのは間違いないでしょう。最近は○▲×★◇?(大人の事情で自粛)があって、スタッフの確保も大変らしいけど名門外厩なのは間違いないよ。

Y:だけど、坂路の時計はこの馬にしては良かったんですね。

野:外厩でもハードには乗っていたはずだし、厩舎でも間隔を詰めてそれなりの時計が出ているんなら期待してみたいんだよ。

Y:素直に、ノーザンF系じゃダメなんでしょうか……。

6/30(日) 福島11R ラジオNIKKEI賞(G3)(芝1800m)
注目馬 マイネルサーパス

さんざん、指摘されていると思うが、きんもくせい特別でハナ差2着だったダノンチェイサーはきさらぎ賞を勝利。4着ディキシーナイトがスプリングSで3着、2着、5着、7着、8着馬も500万下を勝ち上がっている。レベルの高いレースの勝利馬なのだ。