新規会員登録

水上学の血統トレジャーハンティング

血統という難解で重層的に絡み合った世界に心血を注ぐこと数十年。遂に勝利の方程式が完成した。すべての武器を駆使した天才の競馬理論が、ここで明らかになる。

【フラワーC】ここは仕方ない

水上学の血統トレジャーハンティング

月曜中山11R フラワーC(G3)(芝1800m)

◎本命馬
⑫ファンディーナ
牝3、栗東・高野厩舎、岩田騎手

噂のファンディーナが関東初見参。デリケートな3歳牝馬が初の長距離輸送、初の急坂コース、もしハイペースになったら…と不安点がないわけではないが、この馬の凄いところは前付けができて高速上がりを使うところ。後方からの一気で連勝しているわけではない分、崩れにくいのは間違いない。ただ、今回桜花賞へ出走する賞金を獲るために輸送して、かつ本番へ向けて間隔が詰まるわけで、問題は次回だろう。ここは相手関係も楽で、さすがに無事通過するとみた。

$お宝馬
⑥シーズララバイ

せめてヒモ荒れを狙いたい。その任を⑥シーズララバイに託す。牡馬の骨っぽいところと中距離でソコソコ差の無い競馬を続けている。なお3歳牝馬のレベルが高いと言われるが、それは上位数頭だけのこと。やはり500万レベルの牝馬が、この時期に牡馬上位陣と小差の競馬ができていることは評価に値する。クイーンズリングの従妹で、まだまだ上が見込める逸材だ。

相手上位は①ディーパワンサ③モリトシラユリ⑤デアレガーロ、押さえで⑩ハナレイムーン④サンティール

バックナンバーbucknumber

一覧へ