水上学の血統トレジャーハンティング


★土曜中山11R 紫苑S(G3) ◎本命馬 エアジーン 7番人気7着 スタートはまともだったが、そこからシンガリまで馬を敢えて下げて外へ出し、3角手前で大まくりをかけた。さすがに距離のロスは大きく、またスローで前も止まらず。上がり最速だったが何の意味もなくなってしまった。前半、枠なり出たなりの位置のままに競馬していたら、上位入線は濃厚だったと今でも思うのだが。

$お宝馬 ローズテソーロ 10番人気6着 積極的な立ち回りはできたが、弾けることはできず流れ込んだだけ。それでもこの相手によくやっている方だ。自己条件なら。

★日曜中山11R 京成杯オータムH(G3) ◎本命馬 クリノガウディー 2番人気7着 結論からいうと、とにかく時計が速すぎたことに尽きる。こんな高速決着は全く想定していなかった。良馬場でもソコソコやれるとみて、雨が降った場合も見込んで、当初良馬場で本命想定だったトロワゼトワルからこちらへ切り替えたが、天気と馬場コンディションの読みが全く外れてしまった。反省しかない。

$お宝馬 ストーミーシー 8番人気6着 うまく内へ潜り込み、いつものこの馬のように切れたが、高速過ぎる馬場で前が止まらずここまで。自分の競馬はできた。仕方ない。

【今週のポイント】
今年のローズSには、桜花賞馬、オークス馬の出走はなく、3冠ラストチャンスで戴冠をもくろむ馬だけが揃った。

2歳女王だったダノンファンタジーはいるものの、年が明けてからは苦杯をなめ続けている。桜花賞とフローラS上位組に上がり馬が加わり、見ても買っても面白いレースとなりそうだ。

2012年以降はディープインパクト産駒が強いレースで、7年間で5勝、2着3回と圧倒している。今年は1番人気濃厚のダノンファンタジーと、上がり馬で格上挑戦となるビッグピクチャーの2頭が出走予定。

本番とは形状が異なる舞台だけに、広いコースで切れる馬を優先させたい。瞬発力の強い馬、夏を走った馬。上位評価はそんな中から選ぶことになりそうだ。3日間開催の週末、各前夜更新の血統トレジャーハンティングをご参考にして頂けたら幸いだ。

【次回の狙い馬】
日曜 阪神9R 5着 今回は休み明け。縦長の展開を中団、そこからジリジリ伸びただけだった。あまりにも速い馬場への対応力と、休み明けによる馬のメンタルが敗因であることは一目瞭然。叩かれて変わるはず。今回の勝ち馬メモリーコロネットとは3走前に接戦しているわけで、能力は足りる。

日曜 阪神6R 5着 スタートで大きくアオったのが全て。慌てて押されていたが、流れに乗り切れず押しても後方やや前あたり。普通はこういうチグハグなレースをすると大敗するものだが、直線大外から最後まで脚を使っていた。まともなら2着争いはしていたはず。次走、少し外目の枠が引けたらなお良いだろう。

【お知らせ】いよいよ本格スタート!YouTubeチャンネル「水上学のKEIBA大学」で、今週から予想動画を配信します!番組配信をお知らせするチャンネル登録はコチラ⇒

[PR] 東大卒・水上学も在籍!馬券検討の第一歩に連対率94.6%の鉄板軸馬も公開【競馬JAPAN】