「マイルだったら、譲れない――」

現役時代に安田記念、マイルCSなどG1レースを3勝。芝1600m(マイル)戦で活躍した昭和の快速馬・ニッポーテイオーのキャッチコピーです。JRAヒーロー列伝ポスターで使用されていたので、競馬場などでご覧になられたファンもいるのではないでしょうか?

NHKマイルカップにも、マイル重賞で無類の強さを発揮する『本当のマイル王』いるのをご存知ですか?

石橋脩騎手です!

聞いて驚かないでください。石橋脩騎手は過去4年で挙げた重賞11勝のうち、なんと8勝が芝1600m戦なんです!

▼石橋脩騎手のマイル重賞勝ち

20年
アーリントンC (タイセイビジョン)
ニュージーランドT (ルフトシュトローム)
ダービー卿CT (クルーガー)

19年
サウジアラビアRC (サリオス)

18年
新潟2歳S (ケイデンスコール)
チューリップ賞 (ラッキーライラック)

17年
阪神ジュベナイルF (ラッキーライラック)
アルテミスS (ラッキーライラック)

特に今年はマイル重賞を3週連続で制覇!騎乗機会8度で[3-1-0-4]勝率37.5%、連対率50%という無双ぶりです!上記で紹介した勝ち馬3頭以外にも、フェアリーSで7番人気チェーンオブラブを2着に導くなどの活躍が際立っています。

2018年以降はすべて違う馬で勝っており、芝1600m重賞では上位人気だけでなく穴でも狙えるジョッキーなんです。昨年のNHKマイルCでは14番人気ケイデンスコールで2着に激走しましたよね。

今年のNHKマイルCでは、前哨戦のアーリントンCを勝ったタイセイビジョンとのコンビで挑みます。芝1600mの舞台ではリーディング上位騎手を上回る成績を残している石橋脩騎手。この事実は多くの競馬ファンには知られていないだけに、人気の盲点になるなら黙って買いです!

【NHKマイルCの注目馬】
タイセイビジョン