あけましておめでとうございます。昨年の下半期は9月から重賞18週連続的中で締めくくることができました。2019年もブレずに、オイシイ馬券をGETする材料を紹介していきますのでよろしくお願い致します!

新年の幕開けは、東西の金杯(G3)ですね。予想動画「うま馬データMOVIE」では、中山も京都も攻略ポイントと注目馬を紹介しています。

◆金杯の予想動画は⇒

どちらも枠順がとても重要なレースです。中山金杯は2014年以降、2ケタ馬番の連対は1度もありません。出走頭数やペースに関係なく、内をロスなく立ち回った馬が上位に来ています。

中でも狙いたいのは、前走で中団より前から運んで負けた馬。これが"穴パターン"です。今年はコズミックフォースエアアンセムマイネルハニー。人気を落としたところでの激走を期待しましょう。

中山金杯の予想印はコチラ⇒

京都金杯もインを通った馬が断然有利です。近5年で馬券に絡んだのべ15頭のうち、7番枠より内が11頭。2ケタ馬番は3頭しか馬券に絡んでいません。動画でも話したとおり、時計がかかる馬場だった昨年は例外と言っていいでしょう。

京都の外回りコースは頭数が増えるほど、3~4コーナーで外を回した馬は距離のロスが多くなります。好位のインにつけて差してこられそうなのはグァンチャーレ。今年はサラキアカツジなど内枠に差し・追い込みタイプが集まりましたね。

京都金杯の予想印はコチラ⇒

「うま馬コースレシピ」は、2019年から競馬予想カテゴリにて展開していきます。