明日はいよいよフェブラリーS(G1)ですね!去年は△ノンコノユメ、◎ゴールドドリーム、○インカンテーションで的中。今年最初のG1ですし、2年連続で当てたいですね!

レースのポイントや有力馬の評価は、YouTubeで公開している予想動画「うま馬データMOVIE」(最終回)で紹介しました。ぜひ参考にしていただければと思います。

フェブラリーSの予想動画は⇒

ここでは動画で取り上げていないポイントを書きます。ダートの1600m戦は、JRAでは東京しかありません!『特殊なコース』で行われるフェブラリーSの近4年の上がり順位別成績を見てください。

1位[1-1-1-1]
2位[0-1-1-2]
3位[1-0-2-1]

5位以内[4-4-4-26]
6位以下[0-0-0-38]

ご覧の通り、馬券になったのは【上がり5位以内を出した馬】だけなんです!次に4コーナー位置取り別の成績です。

3番手以内[1-1-0-11]

8番手以内[3-3-2-28]
9番手以下[1-1-2-24]

11番手以下[1-1-1-18]

ダート戦にしては珍しく逃げ、先行勢の成績が悪いのがわかります。前半3ハロン34秒台前半のレースが続いているので最後まで持たないですよね。かといって直線一気の追い込み馬ばかり来ているわけではありませんが、速い上がりを出せる馬を中心に狙っていきましょう!

東京ダート1600mの適性が高く、毎回のように速い上がりを出してくるのはクインズサターンゴールドドリームサンライズノヴァノンコノユメです。

フェブラリーSの予想印は「メガ盛り新聞」で⇒


小倉大賞典(G3)は、直線の長いコースやゴール前に坂のあるコースで負けていた平坦小回り巧者が毎年のように激走します。昨年2着のクインズミラーグロ(15人気)が最たる例ですね。

これだけではベタすぎるので、もう1つ"オイシイ材料"を紹介します。ローカル重賞なので上がり勝負は得意ではないタイプが揃いますが、数少ない【前走上がり上位を出した馬】が好走するんです。

2014年以降、前走上がり1位で負けていた馬は2頭だけ。ヒストリカルが2017年2着、スズカデヴィアスが昨年3着と、複勝率100%です。今年該当するのはエアアンセムしかいません。

前走上がり2位も近5年で[2-2-0-6]と好成績。こちらもケイティクレバーナイトオブナイツの2頭だけです。

小倉大賞典の予想印はコチラで公開⇒


東京と京都は今週で終わり。舞台は中山、阪神開催に移ります。いよいよ春が来る感じがしますね。少頭数でも好メンバーが揃う中山記念(G2)、混戦模様の阪急杯(G3)ともに傾向がはっきりしているレース。来週もオイシイ馬券をGETする材料を紹介していきます!