日曜は京都でシンザン記念(G3)が行われます。昨年はアーモンドアイが圧勝。その後の活躍を予感させるレースでした。

同じコースの京都金杯とは違って、インを立ち回った馬が圧倒的に有利ではありません。2014年以降で馬券に絡んだ15頭のうち、6番人気以下は5頭。激走した人気薄は2パターンに分けられます。

<パターン1>前走阪神でメンバー上位の上がりを使いながら差し届かなかったタイプ。2017年1着のキョウヘイ(8人)、2016年1着のロジクライ(8人)、2015年2着のロードフェリーチェ(9人)は、すべて該当します。

<パターン2>前走先行してメンバー3位以内の上がりで勝っていた馬。2018年2着のツヅミモン(7人)、2016年3着のシゲルノコギリザメ(11人)が、シンザン記念でも先行して粘り込みました。

今年は<パターン1>に該当した本命候補が直前で回避。<パターン2>の中から探していきます。前走4コーナー3番手以内から速い上がりを使って勝ったのはヴァルディゼールミッキーブリランテ

シンザン記念の予想印はコチラ⇒

「うま馬コースレシピ」は、2019年から競馬予想カテゴリにて展開していきます。