先週のNHKマイルC(G1)は、激走ポイントに挙げた【近3走で4コーナー5番手以内からマイル~1800mの重賞で好走】した経験があったアドマイヤマーズが1着。しかも、もう1つ書いた【前走中山 or 阪神で負けた馬】に該当したアドマイヤマーズ、ケイデンスコール、カテドラルが上位を独占しました。

日曜のヴィクトリアマイル(G1)でも、オイシイ馬券をGETする材料を紹介していきます。『激走ポイント』は3つです!

①リピーター&東京マイルの重賞勝ち

近年の結果を見ると2013~14年はヴィルシーナが連覇。2015~16年は、2014年に3着だったストレイトガールが連覇しました。そして昨年は2017年3着のジュールポレールが優勝したように、何度も同じ馬が好走するレースです。『リピーター』がよく来るということは、特殊な舞台という証拠。東京マイル戦で重賞を勝っていた馬や、出走経験の少なかった馬の活躍が目立ちます。

2018年
1着 ジュールポレール 前年1着
2着 リスグラシュー アルテミスS、東京新聞杯
3着 レッドアヴァンセ 1戦1勝

2017年
1着 アドマイヤリード 初出走
2着 デンコウアンジュ アルテミスS
3着 ジュールポレール 初出走

2016年
1着 ストレイトガール 前年1着

2015年
1着 ストレイトガール 前年3着
3着 ミナレット 初出走

2014年のヴィルシーナ、2016年のストレイトガールは、ともに近走の成績が悪くて人気を落としていましたが、得意の舞台で激走して連覇。昨年のジュールポレールも同様で、2017年のデンコウアンジュは同舞台のアルテミスS以来の東京マイル戦で好走しました。東京マイル実績は必ずチェックしてください。

②高速決着なら1400m以下での実績

昨年、一昨年は雨の影響で時計がかかる馬場。対照的に2015、16年は良馬場で勝ち時計は1分31秒台でした。馬場状態によって全く違うタイプの馬が好走します。

◆時計がかかる馬場→1800m以上の実績がある差し馬
(アドマイヤリード、デンコウアンジュ、リスグラシュー)

◆時計が速い馬場→1400m以下に良績がある先行馬
(ストレイトガール、ケイアイエレガント、ミナレット)

天気予報を見ると、日曜の東京競馬場周辺は晴れ予報。短距離向きのスピードを持つ人気薄が激走する可能性があります。東京マイル戦の経験が少ない馬のほうがいいですね。

③近2走で初めて重賞で好走

もう1つの穴パターンは、これまでに重賞勝ちやG1好走歴のない馬です。特に【近2走で初めて重賞で好走】したような馬が馬券に絡んでいます。昨年3着のレッドアヴァンセ(7人気)、2017年1着のアドマイヤリード(6人気)、3着ジュールポレール(7人気)は、すべて前走の阪神牝馬Sが初の重賞3着以内でした。

今年のメンバーで、以上のポイントに該当する馬はコチラです!

①リピーター&東京マイルの重賞勝ち
ラッキーライラックデンコウアンジュアエロリット

②高速決着なら1400m以下での実績
アマルフィコースト

③近2走で初めて重賞で好走
レッドオルガ

ヴィクトリアマイルの予想印は「メガ盛り新聞」で公開⇒


いよいよ来週はオークス(G1、東京芝2400m)ですね。どの馬も初めての距離で好走パターンがハッキリしているので、お楽しみに!