新規会員登録

コースデータ

阪神競馬場 ダート1800m
阪神競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

スタート地点はスタンド前直線にある上り坂の手前で、1コーナーまでの距離は303m。コースの形状からは、各馬のポジションが定まる前に1コーナーに入るため、内枠の馬は揉まれてしまうケースが多いのだが、期間内の集計では1枠、2枠の勝率がやや高くなっている。勝ち切るという点では内有利だが、連対率、複勝率ベースで見ると、ほぼフラットとなっている。

逃げ・先行が有利だが、直線の坂のためか京都ダート1800mに比べて、全体時計、上がりともかかる。「スピードの京都、パワーの阪神」は頭に入れておきたい。また、早めに前を取りたい馬が殺到してオーバーペースになると差し馬が飛んでくることも。逆にペースが緩みすぎるとマクリが決まることもある。レース前半のペース、ポジショニングの推理は重要だ。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り
2歳 新馬 12 1.54.8 37.9 38.1 0.2 37.8 6 19 6 5
未勝利 34 1.54.6 37.4 38.6 1.2 38.2 19 59 21 3
500万 3 1.52.7 36.8 37.2 0.4 36.8 0 7 2 0
3歳 新馬 12 1.54.9 37.7 38.0 0.3 37.7 8 17 11 0
未勝利 148 1.53.9 37.3 38.2 0.9 37.8 75 226 125 18
500万 20 1.52.6 36.9 37.7 0.8 37.2 5 33 17 5
混合 500万 93 1.52.6 37.1 37.7 0.6 37.3 42 125 86 26
1000万 47 1.51.7 36.9 37.5 0.6 36.9 16 61 52 12
1600万 21 1.50.9 36.9 37.2 0.3 36.6 3 30 21 9
オープン 4 1.50.2 36.4 37.1 0.7 36.6 1 4 6 1

買いの法則

武豊
騎手
勝ち星こそ以前より落ちてはいるが【17.21.13.71】で連対率31.1%の成績。欲を言えば、回収値だけもう少し上がってくると良いところだが、頼もしい成績であることには違いない。
藤原英昭
厩舎
10走以上している厩舎としては、【8.7.11.25】で51.0%の複勝率は群を抜いている。特に下級条件で上手くこの条件を利用している印象だ。
ヨハネスブルグ
産駒
短距離のイメージが強い血統だが【6.4.6.19】で複勝率45.7%と秀逸。なお、500万下までに成績は集中している。
カジノドライヴ
産駒
【4.8.5.36】で連対率22.6%。これが良馬場に限定すると、【2.5.1.14】で連対率も31.8%と上昇する。

消しの法則

池添謙一
騎手
騎乗馬の人気が上位レベルであることを考慮すると【6-13-4-89】勝率5.4%は物足りない。
ハービンジャー
産駒
産駒の主戦場は芝中距離。そこで詰めが甘く当該コースに移ってきても【2-0-4-62】勝率2.9%・複勝率8.8%と結果には繋がりにくい。
上記の集計は2014年~2017年3回阪神/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

阪神競馬場

阪神競馬場
芝コース
ダートコース