新規会員登録

水上学の血統トレジャーハンティング

【ポルックスS】若い力vsベテラン

水上学の血統トレジャーハンティング

土曜中山11R ポルックスS(ダート1800m)

◎本命馬
⑭ジェベルムーサ
牡7、美浦・大竹厩舎、柴山騎手

今年の4歳世代は、ダート馬の層がとても厚い。ダート戦線の上級クラスは、4歳勢と高齢馬の争いになるケースが目立つ。このレースもそうだ。本来なら明け4歳のピットボスに目が行くが、全兄プロモントーリオがダートを主戦にしていたころ、中山を苦にしていたことがどうにも気になる。能力の絶対値は高いし斤量も恵まれたが、意外と勝ち切れないシーンもあるのではないか。
今回はベテラン勢を主力にしたい。軸は⑭ジェベルムーサだ。

ベテランと言えど、休み休みで使われていて、7歳にして今回まだ19戦目だ。マクリが武器で小回りのコーナー4つが得意、中山も得意で、なぜ3年も中山に出ていなかったのか信じられないほど。何よりこの脚質に大外枠の利は大きい。
58キロは確かにカギだが、ダート競馬では58キロ、59キロでも別定戦なら意外と安定して走れる。巨体ゆえのパワフルさが最も活きる条件で、スロー濃厚の顔ぶれで一気のマクりも決まりやすそうだ。

$お宝馬
⑦サンマルデューク

ジェベルムーサが動けば前は崩れて、後方一気の馬に利が出そうだ。この馬も58キロだが、ここ2走の58キロでの走りを見れば問題なし。この馬に一番ハマっている鞍上が戻ってきたのも大きい。

相手上位は②ピットボス⑤センチュリオン。押さえは⑫タマノブリュネット①タムロミラクル⑧バスタータイプ

この記事に取り上げられているレース

バックナンバーbucknumber

一覧へ