新規会員登録

水上学の血統トレジャーハンティング

【京成杯AH】秋風はシルクの感触

水上学の血統トレジャーハンティング

日曜中山11R 京成杯オータムハンデ(G3)(芝1600m)

◎本命馬
⑥グランシルク
牡5、美浦・戸田厩舎、田辺騎手

お結び型の中山マイル。癖のあるコースに加え、野芝の開幕週。しかし思ったほどには前有利でもないし、また外枠でも後ろから行く馬なら問題なく差し込める。あまり脚質や馬場を細かく考える必要はないだろう。
狙うのは⑥グランシルクだ。本来もっと人気になって良さそうだが、手許の新聞では意外と印が割れていて、人気でも妙味はありそうだ。

かつては後方一気しかできない馬だったが、近走は中団あたりからでも速い上がりを使えるようになり、堅実味が増してきた。場を問わず走れるというのは器用さを表す指標の1つ。それでなくとも、ステイゴールド産駒は意外と中山マイルは得意としているコースの1つ。加えて、田辺騎手はこのレースがとにかく得意、また戸田厩舎も中山に力を注ぐ厩舎である。ここも勝ち負け必至だ。

$お宝馬
⑨ウキヨノカゼ

アスカビレンなど魅力ある人気薄も多いが、中でも強調しておきたいのがこの馬。牝馬好走傾向もあり、また叩き2走目の上積み、関屋記念着外馬の激走傾向も後押しする。枠も揉まれ過ぎない良いところを引けた。55キロはいささか見込まれたが、横山典騎手なら一発を狙ってくるだろう。

相手上位は②ボンセルヴィーソ⑪アスカビレン。押さえは⑫トーセンデューク①ダイワリベラル⑯マイネルアウラート④オールザゴー③ガリバルディ

この記事に取り上げられているレース

バックナンバーbucknumber

一覧へ