【秋華賞】ディアドラと初コンビのルメール「この馬のことはよく知っています」

ルメール

ディアドラの1週前追いに騎乗した
クリストフ・ルメール騎手

12日、秋華賞(G1)の追い切りが栗東トレセンで行われた。

追い切り後、ディアドラ(牝3、栗東・橋田厩舎)に騎乗するC.ルメール騎手の一問一答は以下の通り。

●直線で併せたライバル馬に騎乗していた

-:1週前の調教で跨った第一印象を教えてください。

クリストフ・ルメール騎手:とても良かったです。とても乗りやすい馬です。コンディションも大丈夫そうでした。

-:橋田調教師もジョッキーの言うことをよく聞く馬だと話していました。ルメール騎手の印象はどうですか?

ル:フットワークとバランスがとても良かったです。息も入りました。軽めの追い切りで、全部大丈夫でした。

-:調教の動きや内容もパーフェクトでしたか。

ル:この間、結構楽に勝ちました。馬のコンディションは同じくらいです。秋華賞にちょうど良いコンディションで出られると思う。

-:レースはビデオでご覧になったんですか?

ル:はい。見ました。札幌(2走前)では直線で併せ馬になった相手に乗っていました。なので、この馬のことはよく知っています。レースでは問題ないです。エンジンが掛かるのにちょっと時間がかかりますけど、いつも最後は良い脚を使っています。レースをする毎に上手くなっていると思います。春、オークスでは4着まで来れたように能力が高いです。

●1番人気ではないからノープレッシャー

-:ディアドラの長所はどんなところですか?

ル:最後の加速がめっちゃ速いです。体の大きい馬で、最後は大きな力を使ってくれます。

-:秋華賞ではどんなレースプランを描いていますか?

ル:まだありません(笑)。スタートからペースによります。最初のポジションによります。でも2000mで勝ったことのある馬だからちょうど良い距離だと思います。どこでもポジションを取れます。内回りで最後はスピードが必要なので、直線を向いたところで良いポジションが欲しいです。

-:ルメール騎手自身、まだ勝利のない秋華賞に向けての意気込みを教えてください。

ル:牝馬の大きなレースです。今年はオークスを勝てましたし、今度もチャンスはあります。でも1番人気ではないからノープレッシャー(笑)。でもとても良いチャレンジャーです。もちろん勝ちたいです。

ルメール

-:チャンスの大きさはどのくらいですか?

ル:ミディアム(笑)。でもまだ上手くなる馬です。だからG1レベルでも勝てる馬だと思います。

-:最後にファンの皆様へメッセージをお願いします。

ル:皆様こんにちは。是非、秋華賞を見てください。チャンスがありますから応援してください。よろしくお願いします。ありがとうございます。

みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み0

  • この記事に関する投稿はありません。