びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • line
阪神競馬場 ダート1800m
阪神競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

スタート地点はスタンド前直線にある上り坂の手前で、1コーナーまでの距離は303m。コースの形状からは、各馬のポジションが定まる前に1コーナーに入るため、内枠の馬は揉まれてしまうケースが見られる。

逃げ・先行馬が有利だが、直線の坂のためか京都ダート1800mに比べて、全体時計、上がりともかかる。「スピードの京都、パワーの阪神」は頭に入れておきたい。また、早めに前を取りたい馬が殺到してオーバーペースになると差し馬が飛んでくることも。逆にペースが緩みすぎるとマクリが決まることもある。レース前半のペース、ポジショニングの推理は重要だ。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F 前後3F差
2歳 新馬 13 1:55.0 38.0 38.0 0.0 6 25 5 3
未勝利 38 1:54.4 37.4 38.3 0.9 21 60 27 6
500万 3 1:53.9 36.9 38.2 1.3 0 8 0 1
3歳 新馬 9 1:54.6 37.5 38.0 0.5 7 13 7 0
未勝利 113 1:54.0 37.3 38.3 1.0 55 184 91 9
500万 15 1:52.3 36.7 37.7 1.0 4 28 11 2
古馬 500万 78 1:52.7 37.1 37.9 0.8 30 115 68 21
1000万 39 1:51.6 37.0 37.4 0.4 11 56 42 8
1600万 18 1:51.2 36.8 37.2 0.4 3 26 15 10
オープン 5 1:50.8 36.5 37.5 1.0 1 6 5 3
集計期間は16年1月1日~18年12月31日/右は1~3着馬の脚質シェア

買いの法則

意外なことにこの条件が得意。期間内(10.11.3.32)勝率17.9%、複勝率42.9%でかつては15番人気の2着もある。

パワーとスタミナを兼ね備えており、期間内(6.2.5.19)複勝率40.6%、単勝回収率387%、複勝回収率120%と優秀。

参戦機会はそう多くないものの、期間内(7.0.8.21)で勝率19.4%、複勝率41.7%。単勝回収率は152%と優秀な成績を残している。

筋肉量多い松田厩舎の所属馬は急坂を苦にしない。期間内(13.4.8.40)勝率20.0%、単勝回収率150%とアタマから買いたい。

消しの法則

成績上昇中の同産駒はこの条件で期間内(1.2.5.56)勝率1.6%、複勝率12.5%。単勝回収率はわずか4%だ。

スタミナ豊富でこの条件は合いそうなものだが、期間内(5.7.7.96)勝率4.3%、複勝率16.5%で単勝回収率は13%と不振が続く。

短距離馬の多い安田隆厩舎はこのコースで期間内(1.3.5.52)勝率1.6%、複勝率14.8%。単勝回収率5%と人気を裏切ることも多い。

阪神競馬場

阪神競馬場
芝コース
ダートコース