びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • line
阪神競馬場 ダート2000m
阪神競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

芝内回りの4コーナーポケットからスタート。最初の芝部分がおよそ80mと長くないため、純粋なダート馬でもあまり無理することなくポジションが取れる。1コーナーまでの距離はおよそ500mで、平坦部分が1800mよりも長いため前半のラップは2000mという距離からすると速く流れる。ただ、その後はペースが落ち着き、最後は決め手比べ。もちろんゴール前には急坂が待っているため、スタミナも問われる。脚質は好位で脚を溜めることが出来る先行馬が有利。

  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 5 3 1 13 22.7% 65.0%
    2 4 0 1 6 36.4% 1,065.5%
    3 2 6 3 21 6.3% 20.0%
    4 2 5 2 11 10.0% 21.5%
    5 2 2 3 5 16.7% 33.3%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 2 4 0 13 10.5% 117.9%
    2 2 1 1 6 20.0% 153.0%
    3 2 1 0 2 40.0% 82.0%
    4 2 0 1 7 20.0% 254.0%
    5 2 0 0 12 14.3% 122.9%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 7 12 6 4 68 13.3% ---
    2 6 10 3 9 67 11.2% ---
    3 3 7 8 1 60 9.2% ---
    4 2 6 8 5 48 9.0% ---
    5 4 5 5 9 65 6.0% ---

※集計期間:2018年1月1日から現在まで

買いの法則

持続力ある同産駒は期間内(2.2.2.7)勝率15.4%、複勝率46.2%で複勝回収率143%と狙っておいしい。

長距離得意の和田騎手は期間内(6.9.2.20)勝率16.2%、複勝率45.9%と好成績を残している。

消しの法則

ダートの長めの距離を得意とする産駒も多いが、この条件では期間内(1.2.0.17)勝率5.0%、複勝率15.0%と芳しい成績ではない。

次代のリーディング候補もこの舞台はそこまで相性が良くなく、期間内(1.0.4.24)勝率3.4%と結果を残せていない。

シリウスSのポイント

近5年で馬券に絡んだ延べ15頭のうち、4コーナー5番手以内が10頭。基本的には残り400m付近では前にいないと厳しいが、前走JRAで上がり2位以内だった馬が8頭馬券に絡んでいる。ある程度のポジションからメンバー上位の上がりを出せるジョーダンキングは阪神巧者でもあり、面白い存在だ。

阪神競馬場

阪神競馬場
芝コース
ダートコース