びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • line
小倉競馬場 芝2000m
小倉競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

スタンド前の直線ポケットからスタートし、最初のコーナーまでの距離は472m。コーナーまでの距離があるため、極端なハイペースになることは少ないが、直線を走る距離が長く、1800mよりペースは速くなる。向正面でペースが落ち着き、3コーナーあたりから再びペースアップ。先行争いやメンバー、馬場によってここでの攻防が激しくなり、ラップが大きく動く時がある。

枠順は内だから良いということはなく中枠が優勢。クラスが上がってテンが速くなると差し、追い込みも決まるが、施行数の多い3歳未勝利、古馬500万は小倉のセオリー通りに先行馬が有利。底力のない馬が差し切るのは難しい。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 前5F 後5F 後3F 前後3F差
2歳 新馬 2 2:02.8 36.9 63.0 59.8 35.4 -1.5 0 5 1 0
未勝利 3 2:03.0 35.9 61.5 61.5 36.4 0.5 0 6 3 0
3歳 新馬 3 2:02.9 35.6 61.9 61.0 36.4 0.8 2 4 3 0
未勝利 40 2:01.1 35.3 60.3 60.7 36.3 1.0 9 64 44 3
500万 3 2:00.2 34.5 60.2 59.9 35.6 1.1 1 4 4 0
古馬 500万 33 2:00.2 35.4 60.2 59.9 36.0 0.6 10 51 27 11
1000万 12 2:00.1 36.0 61.0 59.1 35.4 -0.6 3 19 9 5
1600万 3 1:59.2 35.0 59.3 59.8 35.9 0.9 0 8 1 0
オープン 3 1:58.1 35.4 59.6 58.5 35.1 -0.3 1 4 2 2
集計期間は16年1月1日~18年12月31日/右は1~3着馬の脚質シェア

買いの法則

川田将雅
騎手
【14.12.9.23】と複勝率60.3%。小倉の中でも特に得意としているコース。
谷潔
厩舎
この条件では穴を連発。【6.5.3.18】で複勝率43.8%。単勝回収率237%、複勝回収率136%と妙味大。
    

消しの法則

高倉稜
騎手
【1.1.4.63】で勝率1.4%とこのコースで苦しんでいる。
安田隆行
厩舎
短距離馬も多く、スタミナが必要なこの舞台で【2.2.1.15】勝率10.0%と波に乗れていない。
データは2014年以降

小倉記念のポイント

小回りの芝2000mを得意としている馬が強いレース。高速上がりが求められる外回りコースでは負けていたり、上がりがかかる条件の重賞で好走歴のある人気薄にも要注意だ。ノーブルマーズは宝塚記念3着など上がりがかかるレースに強く、小倉も[1-0-1-0]と底を見せていない。

小倉競馬場

小倉競馬場
芝コース
ダートコース