びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録

PR

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • line
京都競馬場 ダート1400m
京都競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

2コーナー奥の芝ポケット部分からスタート。1200mからの延長分はほとんど芝で、芝部分を走る距離は150mほど。外枠は更に30mほど長く走ることになるが、同じ芝スタートである阪神の1400mや東京の1600mほど外枠有利とはなっていない。

3コーナーまでの距離は610mと長く、スタート後に芝を走るため、1200mよりもテン3Fが速くなることが多い。下級条件ではコース形態もあってスピードに任せた粘り込みも多く見られるが、クラスが上がると前傾の度合いも大きくなり、押し切りは困難。差し馬が多く台頭する。

  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 17 9 10 72 15.7% 265.8%
    2 11 9 5 92 9.4% 73.2%
    3 10 18 5 52 11.8% 76.1%
    4 10 2 7 29 20.8% 84.0%
    5 9 8 11 38 13.6% 86.5%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 7 5 5 17 20.6% 85.0%
    2 7 3 2 36 14.6% 229.4%
    3 6 5 1 14 23.1% 179.2%
    4 6 1 2 15 25.0% 346.7%
    5 5 5 5 31 10.9% 82.8%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 5 29 31 28 263 8.3% ---
    2 2 23 24 23 252 7.1% ---
    3 1 21 17 18 243 7.0% ---
    4 3 23 24 17 267 6.9% ---
    5 6 25 28 24 287 6.9% ---

※集計期間:2018年1月1日から現在まで


買いの法則

期間内(14.9.4.36)勝率22.2%、複勝率42.9%と抜群の成績。

期間内(4.3.7.20)複勝率41.2%、単勝、複勝とも回収率は100%を超えている。

期間内で単勝回収率221%、複勝回収率108%。人気薄を3着以内に持ってきている。

期間内(8.3.3.14)で複勝率は驚異の50%。単勝、複勝とも回収率は100%を超え、信頼度は抜群。

消しの法則

期間内(1.7.4.44)で勝率はわずか1.8%。複勝率にしても21.4%と平凡。

1番枠

期間内(7.17.16.182)で勝率3.2%、複勝率は18%。隣の2番が勝率7.7%あるだけに、他の馬番より明らかに劣る。

期間内(2.1.1.32)勝率5.6%、複勝率11.1%。単勝、複勝とも回収率は40%以下と厳しい数字だ。

京都競馬場

京都競馬場
芝コース
ダートコース