新規会員登録

コースデータ

京都競馬場 ダート1400m
京都競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

2コーナー奥の芝ポケット部分からスタート。1200mからの延長分はほとんど芝で、芝部分を走る距離は150mほど。外枠は更に30mほど長く走ることになるが、同じ芝スタートである阪神の1400mや東京の1600mほど外枠有利とはなっていない。

3コーナーまでの距離は610mと長く、スタート後に芝を走るため、1200mよりもテン3Fが速くなることが多い。下級条件ではコース形態もあってスピードに任せた粘り込みも多く見られるが、クラスが上がると前傾の度合いも大きくなり、押し切りは困難。差し馬が多く台頭する。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り
2歳 新馬 12 1.26.0 35.7 37.8 2.1 37.5 7 20 8 1
未勝利 32 1.25.7 35.2 38.1 2.9 37.7 14 53 24 5
500万 3 1.25.1 34.9 37.8 2.8 37.2 0 7 1 1
3歳 新馬 12 1.26.6 36.0 37.9 1.8 37.3 3 20 12 1
未勝利 73 1.25.7 35.5 37.7 2.2 37.4 36 105 66 12
500万 25 1.24.9 35.0 37.6 2.6 37.0 11 27 26 12
オープン 4 1.24.3 34.7 37.3 2.5 36.5 0 3 5 4
混合 500万 72 1.24.5 35.0 37.2 2.2 36.7 31 72 81 32
1000万 43 1.24.1 34.9 37.1 2.2 36.3 13 43 38 35
1600万 15 1.23.7 34.9 36.7 1.8 36.1 7 17 11 10
オープン 13 1.22.8 34.9 35.9 1.0 35.5 2 13 18 6

買いの法則

クリスチャン・デムーロ
騎手
デムーロはデムーロでも、弟のC.デムーロ騎手に注目。海外で活躍しているため、なかなか来日が叶わないようだが【6.3.4.12】で連対率36%。2度に1度は馬券になっている。
馬主
大川徹
「スマート」の冠名でおなじみのオーナーだが、不思議とこのコースとの相性が良い。【6.3.2.13】で連対率37.5%を誇る。
パイロ
産駒
短距離ダートのイメージが強い血統だが、【13.4.8.44】で連対率24.6%とマズマズの実績。勝ち切りが多い点も好感だ。

消しの法則

北村友一
騎手
【3-9-6-80】と2着が多めではあるが、勝率3.1%・複勝率18.4%と長い目で見ると信頼度は低め。
マンハッタンカフェ
産駒
上位人気に機会もそこそこある中で、16年1月以降、勝利から遠ざかっている。【1-5-2-48】勝率1.8%・複勝率14.3%と苦しい内容。
上記の集計は2014年~2017年3回京都/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

京都競馬場

京都競馬場
芝コース
ダートコース