新規会員登録

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • line
京都競馬場 芝1800m
京都競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

向正面直線を延長した2コーナー奥のポケットからのスタート。3コーナーまでの直線距離が約900mと長い特殊なコース形態。向正面で逃げ・先行馬が飛ばすと、馬群がかなり縦長になる。

3コーナーの坂の上りでペースが落ちるが、下りでペースがまた速くなり、そのままの勢いで直線へ。急→緩→急と、起伏のあるラップになることが多いのが特徴。

2つしかコーナーがなく、直線が平坦ということもあって、全体時計は他の競馬場より速くなる。各馬の上がり差がつきにくいため直線だけで差し切るのは難しく、差し・追い込み馬はペースが緩んだところで前との差を詰めておく必要がある。外回りということもあって差し馬優勢ではあるが、追い込み一手の馬もまた苦しいということ。

1番人気の複勝率は7割強もあり、人気馬を素直に信頼して良いだろう。ヒモで買えるのも6番人気までで、7番人気以下はガクッと数値が落ちる。無理な穴狙いは避けるべき。

  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 19 9 6 21 34.5% 110.4%
    2 9 10 8 9 25.0% 59.2%
    3 9 8 8 23 18.8% 55.0%
    4 9 7 7 44 13.4% 134.3%
    5 9 5 7 33 16.7% 65.7%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 11 3 3 15 34.4% 147.8%
    2 9 6 7 12 26.5% 80.0%
    3 8 4 3 9 33.3% 143.8%
    4 5 2 1 16 20.8% 85.8%
    5 4 4 3 21 12.5% 31.3%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 3 17 14 17 115 10.4% ---
    2 7 21 28 15 150 9.8% ---
    3 4 17 15 14 132 9.6% ---
    4 1 14 11 15 107 9.5% ---
    5 6 19 15 17 151 9.4% ---

※集計期間:2018年1月1日から現在まで


買いの法則

期間内(8.8.8.22)複勝率52.2%と成績が良い。単勝、複勝とも回収率は100%を超える。

ダート戦に強い印象も(6.3.1.16)と抜群。勝率23.1%、連対率34.6%はともにディープインパクト産駒を上回る。

期間内(10.8.4.21)で勝ち星トップ。複勝率も51.2%と信頼度抜群だ。

消しの法則

多くの馬を出走させながら、期間内の成績は(0.1.0.29)で複勝率わずか3.3%。

(0.0.2.20)で連対もなし。

2枠

連対率11.5%、複勝率19.8%はともに最低。全体的に内外の差はない中で、目立って数字が悪い。

◆きさらぎ賞の注目馬を見る⇒

京都競馬場

京都競馬場
芝コース
ダートコース