びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

other

  • 有馬記念

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
中山競馬場 ダ1200m
中山競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

2コーナー奥の芝コースからスタートし、3コーナーまでの距離は502m。この間、緩やかな下り坂で、芝コースからのスタートというのもあって、前半のラップは非常に速くことがあり、オープンクラスになると芝並みの高速ラップが出ることもある。

ダートの短距離戦で基本的には逃げ、先行馬が有利なのだが、先行勢が飛ばしすぎると直線の坂でバッタリ止まるというシーンも。各馬の地力はもちろん重要だが、逃げ・先行馬の数、その地力による展開の見極めがひと際重要となる。

芝コースを長く走れる外枠が有利なのは、このコースのセオリー。揉まれずに先行して押し切るというパターンが多い。注意したいのは、内枠でもダッシュ力のある馬が楽に先手を取れれば、それはそれでロスなく運べるため、「内枠だから」と決めつけるのは危険。様々なシチュエーションがあるため、予想のし甲斐があるコースといえるだろう。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り
2歳 新馬 17 1.13.2 35.1 38.0 2.9 37.7 8 31 12 0
未勝利 34 1.12.5 34.2 38.2 4.0 38.0 22 48 26 6
500万 6 1.12.0 33.9 38.0 4.1 37.0 0 6 9 3
3歳 新馬 23 1.13.6 35.0 38.6 3.6 38.2 14 37 17 1
未勝利 146 1.12.6 34.4 38.2 3.8 37.9 77 221 130 10
500万 22 1.11.7 34.1 37.5 3.4 37.0 7 32 17 10
混合 500万 102 1.11.8 34.1 37.6 3.5 37.1 36 121 103 46
1000万 56 1.11.2 34.0 37.2 3.2 36.7 21 62 53 32
1600万 20 1.10.8 33.8 37.0 3.2 36.4 5 20 25 10
オープン 15 1.10.3 33.7 36.6 2.9 36.0 6 15 17 7

買いの法則

戸崎 圭太
騎手
別表に載っている名前を取り上げたくないところだが、とにかくこのコースに強い。騎乗数も期間内最多でありながら【48-36-22-158】で連対率31.8%。確率論の問題からも、母数が増えれば増えるほどアベレージの維持は難しい中で優秀な成績だ。
牧浦 充徳
厩舎
こちらは母数が少ないが、【5-1-3-17】でマズマズの好走率。特に注目は新馬戦。関西では上位の成績を残しているとは言い難いが、狙って遠征してきた時は要注意だ。

消しの法則

柴田大知
騎手
【10-7-15-201】と騎乗数が多い割に勝ち切れておらず、勝率4.3%、複勝率18.1%と狙いづらい。
ヴァーミリアン
産駒
産駒の活躍の場はダートが中心だが、当該コースでは期間内未勝利の【0-4-4-49】。
上記の集計は2014年~2017年3回中山/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

中山競馬場

中山競馬場
芝コース
ダートコース