びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

other

  • 有馬記念

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
中山競馬場 ダ2400m
中山競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

向こう正面の直線半ばからスタート。最初のコーナーまでの距離は209mで、高低差4.4mのタフな中山コースをおよそ1周半する、何よりもスタミナが問われる特殊条件。施行条件は古馬500万と1000万クラスの2つ。

脚質は他の中山ダートコース同様、前へ行く馬が有利なのだが、1800mで見られるようなマクリはほとんど決まらず、ペースが落ち着くまでに好位のポジションを取って直線を迎えたい。そして、穴党必見のデータは1番人気の信頼度。1番人気の成績が2番人気の馬よりも低く、特に単勝オッズ3倍を超えた混戦時は危険。また、特殊な施行条件という事もあり、リピーターもよく見られる。好走歴がある馬は要注意。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り
混合 500万 16 2.37.3 38.3 39.4 1.1 38.9 11 25 11 1
1000万 16 2.35.1 37.5 39.0 1.5 38.4 8 26 12 2

買いの法則

キングカメハメハ
産駒
長丁場のダートにはめっぽう強い血統で、それはココでも当てはまる。【4.3.1.18】で期間内最多勝。

消しの法則

松岡正海
騎手
施行回数の少ない条件ではあるが、【0-1-1-12】と未勝利。
クロフネ
産駒
【0-1-0-10】と結果が出ていない。父名を見ただけで飛びかかるのは危険か。
上記の集計は2014年~2017年3回中山/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

中山競馬場

中山競馬場
芝コース
ダートコース