びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

other

  • 有馬記念

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
中山競馬場 芝1800m
中山競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

スタンド前の直線半ばからスタート。最初のコーナーまでが205mと短く、スタート後すぐに急坂を上がるため、極端に速いペースにはなりにくい。従ってスンナリと前のポジションを取った馬が有利で、内枠に入った逃げ、先行馬の成績がいい。コーナーを4つ回るため、外々を回らされるとその分ロスが大きくなって厳しくなる。

上がりの平均タイムがクラス別で大きな差がなく、上がりの競馬にはなりにくい。前半から中盤のペースが勝ちタイムの差となって出てくる。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り
2歳 新馬 10 1.52.3 38.8 35.3 -3.5 35.1 3 16 10 1
未勝利 13 1.49.8 36.6 36.1 -0.5 35.6 3 22 12 2
3歳 未勝利 21 1.50.5 37.0 36.1 -0.9 35.5 8 27 26 2
500万 17 1.49.9 37.1 36.1 -1.0 35.1 6 27 13 5
オープン 8 1.49.0 36.4 35.7 -0.7 35.4 4 8 11 1
混合 500万 8 1.48.8 37.1 35.0 -2.1 34.7 3 8 9 4
1000万 23 1.48.7 37.0 35.3 -1.7 34.8 6 28 30 5
1600万 11 1.48.2 36.9 35.7 -1.2 34.9 5 16 4 8
オープン 9 1.48.6 36.9 35.5 -1.4 34.8 1 8 13 5

買いの法則

岩田康誠
騎手
【3.4.3.11】で半分が馬券に。'15年中山記念の時のようなタイトな乗り方が出来る点は小回りで強みだろう。
木村哲也
厩舎
【4.1.0.11】とまだまだレース数は少ないが、異なる馬で連対している点は好感。ラインナップからも今後、伸びる可能性を秘めていそうだ。
ロージズインメイ
産駒
小回り=持続力が求められるコースに強い血統で【2.3.2.10】で連対率は29.4%。産駒トータルの成績から比較すれば、コースによって上向いていることは違いない。

消しの法則

内田博幸
騎手
乗馬の人気も加味すると【2-5-3-61】勝率2.8%、複勝率14.1%では苦しい。
ゼンノロブロイ
産駒
最後の勝利は15年3月。46回の出走機会で【2-3-2-39】勝率4.3%、複勝率15.2%と苦戦が続いている。
上記の集計は2014年~2017年3回中山/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

中山競馬場

中山競馬場
芝コース
ダートコース