びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録

PR

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • line
中山競馬場 芝1800m
中山競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

スタンド前の直線半ばからスタート。最初のコーナーまでが205mと短く、スタート後すぐに急坂を上がるため、極端に速いペースにはなりにくい。従ってスンナリと前のポジションを取った馬が有利で、逃げ、先行馬の成績がいい。コーナーを4つ回るため、外々を回らされるとその分ロスが大きくなって厳しくなる。

上がりの平均タイムがクラス別で大きな差がなく、上がりの競馬にはなりにくい。前半から中盤のペースが勝ちタイムの差となって出てくる。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F 前後3F差
2歳 新馬 12 1:51.8 38.7 35.1 -3.6 8 18 10 0
未勝利 15 1:49.7 37.0 36.0 -1.0 5 25 15 0
3歳 未勝利 16 1:50.5 37.1 35.8 -1.3 9 23 15 1
500万 14 1:49.7 37.4 35.3 -2.1 6 23 9 4
オープン 6 1:48.6 36.3 35.8 -0.5 3 6 7 2
古馬 500万 7 1:48.5 36.7 34.8 -1.9 3 13 4 1
1000万 21 1:48.9 37.2 35.2 -2.0 6 28 25 4
1600万 9 1:48.3 37.3 35.3 -2.0 2 12 7 6
オープン 8 1:48.2 37.2 35.2 -2.0 3 7 11 3
集計期間は16年1月1日~18年12月31日/右は1~3着馬の脚質シェア

買いの法則

期間内9勝は日本人でトップ。単勝回収率271%で人気薄でも勝利に導いている。

8枠

連対率19.1%、複勝率25.6%はいずれもトップの成績。

勝率14.3%はディープインパクト産駒に次ぐ2位で、単勝回収率198%と得意の舞台。

期間内(7.2.2.13)で勝率29.2%、複勝率45.8と高い数字をマーク。

消しの法則

期間内に中山の芝1600mでは14勝しているにもかかわらず、当コースではわずか1勝。

期間内(1.1.1.20)で、新馬戦の1勝のみ。

中山競馬場

中山競馬場
芝コース
ダートコース