びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録

PR

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • line
新潟競馬場 ダート1200m
新潟競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

向こう正面の約100mある芝ポケットからのスタートして3コーナーまでの直線距離は525m。JRAのダートコースで最も高低差が少ない。芝スタートでテンは速くなるが、下り坂スタートの中山ほどではなく、競馬場全体が横長でコーナーの角度がキツイこと、直線が長いこともあって、3角~4角(残り600m~400m)で一旦、息が入ることが多い。

直線が平坦であるため、脚質は逃げ・先行馬が圧倒的に有利。4コーナーを先頭で回ってきた馬はおよそ半数が連対を確保している。また、芝スタートで中山ほどではないにしろ、外枠有利の傾向が出ている。注目データとしては施行回数が多い下級条件は人気馬の信頼度が高く、クラスが上がるにつれて先行激化が増えて、波乱度が増してくる。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り
2歳 新馬 11 1.13.2 35.6 37.5 1.9 37.3 7 20 6 0
未勝利 22 1.12.8 34.8 37.9 3.1 37.7 16 35 14 1
3歳 未勝利 82 1.12.4 34.5 37.8 3.3 37.5 46 136 60 4
混合 500万 107 1.11.7 34.4 37.2 2.8 36.9 62 141 93 25
1000万 19 1.11.0 34.2 36.8 2.6 36.4 10 27 16 4
1600万 7 1.10.8 34.0 36.8 2.8 36.1 2 10 5 4
オープン 4 1.10.3 33.8 36.5 2.7 35.8 1 7 3 1

買いの法則

丸山 元気
騎手
【9-8-4-41】で連対率27.4%の成績かつ単勝回収値も210。
馬券的にオイシイ存在だ。
関西馬 関東馬の勝率6.0%、連対率12.2%に対し、勝率9.0%、連対率17.4%と優勢。
西園、岡田、浜田、牧浦厩舎などの成績は際立つ。
ベーカバド
産駒
ベーカバド自身の急逝が惜しまれるが、【5-2-3-6】で母数は少ないものの優秀な数値。芝・ダート、問わず短距離が良い種牡馬だ。
    

消しの法則

スタチュー
オブリバティ
産駒
【0-3-5-44】で未勝利。馬券圏内はいずれも上位人気でのもの。
一定の評価が与えられていない場合は消しだ。
追い込み馬 4角10番手以下の通過は【17-19-41-1608】で連対率2.1%という数字。
機動力がなければ、箸にも棒にもかからないコース形態だ。


集計は2013年~2017年1回新潟/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

新潟競馬場

新潟競馬場
芝コース
ダートコース