びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • line
札幌競馬場 芝1800m
札幌競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

スタンド手前の直線半ばからスタート。1コーナーまでの直線距離は185mと短いため先行争いはやや激しくなるが、2コーナーまでには落ち着いて、前半3Fが35秒台に突入することは少なく、比較的ゆったりとしたペースになりやすい。

札幌競馬場全体の傾向として、小回りコース、しかもコーナー角度が緩いということもあり、逃げ、先行馬が有利。追い込みはほとんど決まらず、直線入口までには好位のポジションを取っておかないと苦しい。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 上り
2歳 新馬 17 1:52.1 38.2 35.4 -2.8 35.0 8 32 7 4
未勝利 17 1:51.1 37.1 36.0 -1.1 35.7 8 26 13 4
オープン 8 1:50.7 36.8 36.2 -0.6 35.8 3 14 6 1
古馬 500万 19 1:48.8 36.4 36.0 -0.4 35.3 9 24 17 7
1000万 9 1:48.1 36.6 35.2 -1.4 34.7 4 14 8 1
1600万 3 1:47.0 35.7 35.7 0.0 34.9 1 6 2 0
オープン 4 1:46.6 35.5 35.3 -0.2 34.6 1 5 5 1
集計は2013年~2017年/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

買いの法則

ディープインパクト
産駒
平坦で函館よりスピード生かせるコースだけに【11.6.9.31】複勝率45.6%と好成績。
藤沢和雄
厩舎
日本競馬を牽引する名トレーナーは当コースで【7.5.5.12】複勝率58.6%と成績優秀。
    

消しの法則

ワークフォース
産駒
洋芝は合いそうだが、スピード必要なこのコースは【1.1.2.18】勝率4.5%とイマイチ。
母父シンボリクリスエス
こちらも器用さを欠く馬多く【1.2.3.13】で勝率5.3%と波に乗り切れない。
データは2014年以降

クイーンSのポイント

近3年で3着以内に入った9頭のうち、5番枠より内だった馬が7頭。毎年2頭以上が3着以内に入っていて、6番枠より外から好走した2頭はともに1番人気だった。中でもコーナー4つの小回りコースの芝1800m重賞で好走歴があった馬は要注意。フロンテアクイーンダノングレースは好走条件が整った。

札幌競馬場

札幌競馬場
芝コース
ダートコース