新規会員登録

コースデータ

東京競馬場 芝1800m
東京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

1~2コーナーの間にあるポケットからスタート。2コーナーを斜めに横切って向こう正面に入る。コーナー3つの変則的な形で、スタートして2コーナーまでの距離はおよそ160m。3コーナーまで750mと距離があり、先行争いはさほど激しくならない。重賞、オープン特別でも、ゆったりと流れて瞬発力勝負になることがままある。

位置取りは前に越したことはないが、速い上がりを求められるため、先行力だけでは直線で切れ負けする。位置取り問わず、余力を持って直線で速い脚を使えるかどうかが好走の条件と言えるだろう。

紛れが少なく、能力差が反映されるコースで人気馬の信頼度は高い。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り
2歳 新馬 21 1.51.0 37.8 34.4 -3.4 34.1 10 23 25 5
未勝利 20 1.49.6 36.5 34.9 -1.6 34.4 2 25 27 6
オープン 6 1.48.3 36.0 34.6 -1.4 36.7 1 5 7 5
3歳 新馬 12 1.51.2 37.4 34.6 -2.8 34.1 7 12 11 6
未勝利 42 1.48.6 36.0 35.3 -0.7 34.6 6 38 63 19
500万 16 1.48.2 36.5 34.3 -2.2 33.6 4 19 16 9
オープン 8 1.47.5 36.1 34.3 -2.2 33.9 0 11 10 3
混合 500万 29 1.47.9 36.3 34.7 -1.6 34.2 14 27 40 6
1000万 34 1.47.7 36.5 34.6 -1.9 33.9 13 37 40 12
1600万 11 1.46.4 35.6 34.6 -1.0 33.9 3 14 11 5
オープン 14 1.45.8 35.7 34.3 -1.4 33.6 8 10 16 8

買いの法則

岩戸孝樹
厩舎
主に下級条件で【3.5.3.22】、連対率24.2%を挙げている。厩舎の平均値を考えれば、得意としている条件といえる。
ダノンシャンティ
産駒
【3.3.1.11】で連対率33.3%。代表産駒であるスマートオーディンが東スポ杯を制した舞台でもある。

消しの法則

岩田康誠
騎手
遠征時のみで重賞でも馬券に絡んでいるが【2-2-3-34】勝率4.9%・複勝率17.1%と安定感はない。
内田博幸
騎手
騎乗数は4番目に多い128鞍でも【7-7-8-106】勝率5.5%・複勝率17.2%となかなか結果に繋がっていない。
アイルハヴアナザー
産駒
産駒は未だに勝てていない【0-2-3-16】。
上記の集計は2014年~2017年3回東京/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

東京競馬場

東京競馬場
芝コース
ダートコース