新規会員登録

コースデータ

東京競馬場 芝2000m
東京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

1コーナー奥のポケットからスタートし、2コーナーまでの距離はおよそ130m。コース改修により以前より差が少なくなったとはいえ、多頭数の外枠は不利となる。

2~3歳戦、下級条件ではスローに流れて先行馬が活躍するシーンもあるが、クラスが上がると差し馬が台頭。スローに流れても逃げ残りは難しく、1600万下戦以上のクラスで逃げ切ったケースは2頭のみ。内1頭は後に海外G1を制したエイシンヒカリだった。

当該コースで天皇賞(秋)、フローラSの2重賞が行われるが、天皇賞は上がり最速馬が活躍。フローラSはタフさが求められるレースになり易い。また、連続開催が行われる序盤は馬場状態をキープするためか、芝丈も長く、差しの効く傾向がみられる。瞬発力と地力がより求められてくるコースだ。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 前5F 後3F 後5F R3F差 1上り
2歳 新馬 10 2.04.4 38.4 64.4 60.0 34.7 -3.7 34.1 4 12 10 4
未勝利 21 2.02.5 37.0 62.2 60.3 35.1 -1.8 34.6 8 16 27 12
500万 3 2.03.0 37.5 63.0 60.0 34.4 -3.1 33.7 0 2 3 4
3歳 未勝利 21 2.02.3 37.1 62.4 59.9 34.8 -2.2 34.3 5 25 24 9
500万 8 2.01.5 36.8 61.8 59.6 34.9 -1.9 34.3 3 11 6 4
オープン 8 2.00.1 36.0 60.3 59.8 35.1 -0.9 34.3 0 10 13 1
混合 500万 20 2.00.7 36.7 61.3 59.4 35.0 -1.7 34.5 6 18 26 10
1000万 23 2.01.3 37.2 61.9 59.4 34.9 -2.3 34.3 9 25 20 15
1600万 16 2.00.0 36.4 60.5 59.4 35.1 -1.3 34.3 1 14 21 12
オープン 10 1.59.6 36.6 60.7 58.9 34.8 -1.8 34.1 2 10 15 3

買いの法則

クリストフ・ルメール
騎手
最多勝の戸崎騎手に次ぐ14勝をマークしており、好走率はゆうにルメール騎手が上回る。【14.15.6.18】で連対率54.7%で2度に1度は連帯するわけである。
加藤征弘
厩舎
勝率が高ければ文句なしではあるのだが、29戦で連対率41.4%は高い数値。ルメール騎手を配してきた際は要注意だ。
ヴィクトワールピサ
産駒
【3.9.3.17】で連対率37.5%。今後、伸びてきそうな雰囲気も感じるだけに動向に注目だ。

消しの法則

大野拓弥
騎手
75倍の馬で勝っているが【1-2-3-56】勝率1.6%・複勝率9.7%と率は低い。
シンボリクリスエス
産駒
出走数上位ではあるものの、【3-4-4-53】勝率4.7%・複勝率17.2%の率はどちらも下位。
上記の集計は2014年~2017年3回東京/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

東京競馬場

東京競馬場
芝コース
ダートコース