新規会員登録

コースデータ

東京競馬場 芝2300m
東京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

古馬500万が1鞍組まれていた2015年以外は3歳未勝利戦、500万特別(新緑賞)の年2鞍しか行われていないマイナー条件。スタンド前の直線半ばからスタートして、最初のコーナーまでの距離はおよそ250m。下級条件かつ、全体距離も長くなった分、流れが緩む。

スローペースからの上がり勝負が基本。集計9鞍のうち、上がり3F最速馬が連対しなかったのはわずか2回。連対馬からは、重賞ウイナーも出ていて、14年5月の未勝利戦では、長丁場で渋い活躍を見せるプレストウィック、トゥインクルが2、3着に入っている。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 前5F 後3F 後5F R3F差 1上り
3歳 未勝利 4 2.22.4 37.4 63.2 59.8 34.7 -2.7 34.4 1 4 5 2
500万 4 2.21.5 37.6 62.7 59.4 34.9 -2.7 34.2 1 3 6 2
混合 500万 1 2.20.2 37.4 62.4 59.4 35.2 -2.2 34.5 1 0 2 0

買いの法則

ハービンジャー
産駒
母数が極めて少ないコースだが【2.0.3.5】で安定している。人気なら買いだ。

消しの法則

ディープインパクト
産駒
施行回数の少ない条件。人気は集めるが【0-2-0-8】と期間内は勝てていない。
上記の集計は2014年~2017年3回東京/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

東京競馬場

東京競馬場
芝コース
ダートコース