過去10年攻略データ

1996年に芝1000mで行われる3歳以上のオープン特別として創設。その後、競走条件や負担重量、距離変更などを経て、2006年にG3に格付けされ、現在はサマースプリントシリーズの第5戦に指定されている。同シリーズのタイトルを狙う馬にとっては重要な位置付けとなっていて、このレースの勝ち馬からは2010年にワンカラット、2012年にパドトロワがシリーズチャンピオンに輝いている。1着馬にはスプリンターズSの優先出走権も与えられる注目の一戦をデータで占いたい。
※2013年は函館競馬場で施行

サマーSS転戦組が強い

[前走レース]先週の札幌記念同様、秋を睨んだ馬の出走も見られるのだが、好結果を残しているのはサマースプリントシリーズ転戦組。函館スプリントS組が3勝、アイビスSD組が2勝と勝ち馬の半数はこの2レースから出ている。その他では夏の北海道シリーズを戦ってきた馬、サンプルは少ないが、CBC賞からの転戦もアベレージは高い。

前走レース別成績
レース名 成績 勝率 連対率 複勝率
函館スプリントS3-1-4-249.4%12.5%25.0%
アイビスSD2-1-0-1610.5%15.8%15.8%
UHB賞1-1-1-283.2%6.5%9.7%
UHB杯1-1-1-175.0%10.0%15.0%
NHKマイルC1-0-0-325.0%25.0%25.0%
マイラーズC1-0-0-150.0%50.0%50.0%
TVh賞1-0-0-0100.0%100.0%100.0%
CBC賞0-2-1-50.0%25.0%37.5%
札幌日刊S杯0-2-1-00.0%66.7%100.0%
安田記念0-1-0-30.0%25.0%25.0%
ヴィクトリアM0-1-0-10.0%50.0%50.0%
高松宮記念0-0-2-20.0%0.0%50.0%

年齢別成績 前走着順別成績
年齢 着別度数 前走着順 着別度数
3歳1-1-1-19前走1着4-3-5-19
4歳3-4-4-17前走2着2-2-0-16
5歳4-1-4-27前走3着0-1-1-7
6歳0-3-0-32前走4着0-0-0-8
7歳0-1-1-18前走5着1-2-0-7
8歳以上2-0-0-10前走6~9着3-1-2-26
前走10着~0-1-2-40

過去10年注目データ

[年齢]勝ち馬が最も多く出ている世代は5歳で4勝。4歳が3勝と2世代で7勝しているのだが、昨年は9歳のエポワス、2008年は8歳のタニノマティーニが勝っていて、8歳以上が過去10年で2勝しているレアなレースでもある。アベレージは2着、3着もそれぞれ4回ある4歳が高い数字を示している。不振なのは6歳で2着が3回あるものの、馬券絡みは35頭の出走でこの3回だけと苦戦している。

[前走着順]前走から連勝を果たした馬は4頭。前走を勝って挑んだ馬は2着3回、3着も5回あって、前走の勝ち馬は要注意。一方で前走6着以下から巻き返して勝った馬も3頭いて、2着2回、3着4回と反撃が度々見られる。9頭はいずれもオープン勝ち、もしくは重賞2着以上の実績を持ち、7頭が重賞勝ち、もしくはオープン2勝以上。多くは札幌、函館での好走実績も持っていた。

[枠順]枠番別では全ての枠から勝ち馬が出ていて、連対率ベースで見ると1枠と2枠がやや低め。3枠より外はほぼフラットな数字が出ている。馬番別でも馬券絡みがない枠は1つもなく、枠順は気にしなくていい。

[脚質]小回りの短距離レースで、基本的には前が有利のレースだが、前がオーバーペースになると差し馬も台頭。2015年は後方から脚を伸ばした馬が数多く上位に食い込み、昨年は4角8番手のエポワスが差し切った。ちなみに4角先頭で馬券に絡んだ馬は過去10年で6頭。全て5番人気以内だった。

1番人気の複勝率は8割を誇るが…

過去10年、1番人気で勝ったのは11年カレンチャン1頭のみ。2着4回、3着3回と複勝率は80%にのぼるが、信頼度は何とも微妙なところ。最も多く勝っているのは2番人気の3勝。2ケタ人気も2勝を挙げている。なお、6番人気以下で馬券に絡んだ馬は前走着順6着以下から巻き返してきた馬同様、重賞実績、北海道実績を持っていた。穴を狙うなら近走に惑わされず、実績を見直したい。

人気順別成績
人気 成績 勝率 連対率 複勝率
1番人気1-4-3-210.0%50.0%80.0%
2番人気3-2-0-530.0%50.0%50.0%
3番人気2-0-1-720.0%20.0%30.0%
4番人気1-0-2-710.0%10.0%30.0%
5番人気0-0-2-80.0%0.0%20.0%
6~9番人気1-3-2-342.5%10.0%15.0%
10番人気~2-1-0-603.2%4.8%4.8%

プラスαデータ

人馬ともに『西高東低』

基本的にトレセンからの輸送がないレースだが、過去10年、関西馬が7勝、関東馬が3勝。2着は関西馬が9頭と『西高東低』の構図となっている。このレースもサマーシリーズのタイトルがかかるレースにおける関西馬の強さは頭の隅に入れておかなければならない。
ジョッキーも栗東所属が7勝。アベレージも美浦所属のジョッキーを上回る。

[キャリア]高齢馬の活躍もあって、好走馬のキャリアは幅広いのだが、31戦を超えるとアベレージがダウン。注目はキャリア10戦以下の馬で、過去10年で3勝。18回と少ない出走機会で(3.1.1.13)と好成績を残している。勝ち馬の最少キャリアは16年ブランボヌールの7戦。最多キャリアは08年タニノマティーニの47戦。

[乗り替わり]過去10年トータルで見ると同じコンビが7勝。アベレージは大きくリードしているが、一昨年は乗り替わりのコンビがワン・ツー・スリー。昨年は1着、3着と乗り替わりのコンビが上位を占めた。乗り替わりは過度に気にする必要はないだろう。

[当該コースの騎手成績]2013年以降、札幌芝1200mの最多勝ジョッキーは11勝の福永騎手。続いて23回の騎乗で7勝を挙げているJ.モレイラ騎手。以下6勝の四位、C.ルメール騎手、5勝の三浦、吉田隼騎手、4勝の池添、藤岡康、横山典騎手と続く。回収率を見ると単勝では四位、C.ルメールが、複勝では横山典、福永騎手がプラスとなっている。

[馬体重]勝ち馬の最少馬体重は16年ブランボヌールの438キロ。最高馬体重は12年パドトロワの526キロ。洋芝で力の要る札幌コースというのがあるのか、連対馬は比較的大きな馬が多い。3着馬は幅広いレンジから出ていて、複系の馬券なら馬体重はあまり気にしなくていい。

[種牡馬]過去10年で複数の勝ち馬を出した種牡馬はファルヴラブという意外な1頭。のべ6頭で2勝と相性は良さそうだが、勝ったフォーエバーマークは2回、エポワスは3回挑戦していて、2勝以外の4回は掲示板圏外。何とも微妙な数字となっている。チーフベアハートは1勝、2着2回と3度の馬券絡みがあるが、いずれもビービーガルダンによるもので、同馬以外の出走はない。
ディープインパクト産駒は一昨年に勝ち馬ブランボヌールを送り出し、2~3着がそれぞれ1回あるが、昨年は連覇を狙ったブランボヌールが11着と大敗を喫している。
好走馬を出している種牡馬の顔触れを見ると、洋芝が舞台とあってか、スタミナが勝ったタイプやダート適性の高い種牡馬が多い。

[牝馬]全出走馬の1/3強を占める牝馬だが、その成績は(6.4.5.40)と非常に優秀。08年と12年以外は必ず馬券に絡んでいて、13年は16頭中12頭が牝馬だったとはいえ、6着までを牝馬が占めた。

データの決断

乗り替わりや前走着順など気になるデータもあるが、敢えて狙ってみたいのが4歳牝馬のデアレガーロ。姉シュプリームギフトはこのレースで3着の実績があり、自身も2月の京都牝馬Sで2着と重賞でも通用する力を見せている。前走は先行勢を捕まえ損ねたが、スプリント戦で底を見せていないのも魅力。もちろんこのレースで強い牝馬というのもポイントだ。