新規会員登録

川崎記念2018

川崎記念2018ネット新聞公開中

2018年川崎記念・出馬表

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手(所属) 調教師(所属)
1 イッシンドウタイ 牡9 57.0 赤岡修(高知) 内田勝(川崎)
2 コスモカット 牡5 57.0 丹内祐(JRA) 宗形竹(大井)
3 アウォーディー 牡8 57.0 武豊(JRA) 松永幹(JRA)
4 サウンドトゥルー セ8 57.0 大野拓(JRA) 高木登(JRA)
5 キャッスルクラウン 牡4 56.0 中野省(船橋) 渋谷博(船橋)
6 ケイティブレイブ 牡5 57.0 福永祐(JRA) 目野哲(JRA)
7 アポロケンタッキー 牡6 57.0 内田博(JRA) 山内研(JRA)
8 グレンツェント 牡5 57.0 森泰斗(船橋) 加藤征(JRA)
9 メイショウスミトモ 牡7 57.0 古川吉(JRA) 南井克(JRA)
10 ディアドムス 牡6 57.0 岡部誠(愛知) 森下淳(大井)

強力JRA勢が大挙参戦!今年の有力馬を徹底解説!

  • アウォーディー

    (牡8、栗東・松永幹厩舎) 騎乗予定騎手:武豊

    ここ2走4、5着と歯がゆい結果が続いており、実に1年以上勝ち星から遠ざかっている。ただし前走チャンピオンズCはスローペースの切れ味勝負であったこと、2走前は勝ち星のない大井で最内枠だったことも敗因として挙げられる。今回の舞台はG1制覇を果たした川崎。2年連続ドバイに行くためにも、ここは是が非でも結果が欲しいところだ。

  • アポロケンタッキー

    (牡6、栗東・山内厩舎) 騎乗予定騎手:内田博幸

    日本テレビ盃を制して順調にスタートを切ったかに思えた昨秋のシーズン。JBCクラシック8着、チャンピオンズC出走取消と思うような結果は出なかった。前走東京大賞典は上がり3Fメンバー中2位の末脚で追い込んできたが、中間順調さを欠いたことを考えればいい内容と言えそうだ。初の川崎に対応できるかがカギとなるが、船橋をこなしているように小回り適性も十分だ。

  • ケイティブレイブ

    (牡5、栗東・目野厩舎) 騎乗予定騎手:福永祐一

    前走の東京大賞典は勝ち馬に1.1秒離され3着と完敗。チャンピオンズCも4着と最高の結果は出ていないが、間隔を詰めながらも走り続けるタフさは評価できる。昨年の川崎記念は5着も本格化手前と言える段階で、当時より20キロ近く体も大きくなり、パワーアップしている。小回りを苦にする馬ではなく、定年間際の調教師に向けてタイトルをプレゼントしたいところだ。

  • メイショウスミトモ

    (牡7、栗東・南井厩舎) 騎乗予定騎手:古川吉洋

    勢いはナンバーワンかもしれない。昨秋はシリウスSを11番人気ながら差し切り、前走名古屋グランプリは先行抜け出しで完勝。本格化を印象付けた。2走前のチャンピオンズCは14着も、オープンの1800mは距離不足だった可能性がある。2000mなら一線級相手でもやれるスタミナを持つ。兄ロングプライド、伯父ウイングアローと砂の強豪を近親に持ち、台風の目になりそうだ。

  • サウンドトゥルー

    (セ8、美浦・高木登厩舎) 騎乗予定騎手:大野拓弥

    近走も毎回鋭い末脚で追い込んでくるように、力に衰えは見られない。主戦の大野騎手は「トモの踏み込みが良くなってきている」と、更なる良化を示唆している。2走前のチャンピオンズCはスローペースにハマって11着と崩れたが、脚は使っていた。昨年の川崎記念は逃げた勝ち馬を捉え切れず2年連続の2着となったが、ペース次第でまとめて差し切るだけの力を秘める。

  • グレンツェント

    (牡5、美浦・加藤征厩舎) 騎乗予定騎手:森泰斗

    前走チャンピオンズCはスローペースの影響もあり10着に終わったが、それを除けば左回りのダートでは(3.0.1.0)とまったく崩れていない。2走前のJBCクラシック(5着)もG1初挑戦ということを考えれば悪いレースではなかった。鞍上に年明けから絶好調の名手・森泰斗ジョッキーを迎える今回、条件好転を味方に大駆けする可能性は十分と言えるだろう。

地方競馬TOPジョッキーたちの川崎2100mコースガイド

川崎2100m
森泰斗

「コーナーを6回まわるので、ペースがグンと落ちるコースです。2周目の向正面からペースが上がるので、長く脚の使える馬が有利になります。コース形態からも外回ると厳しいですね。地方馬限定の重賞だと極端にスローになりますので、そこでいかに折り合うか、そして、脚を使わず位置を上げる技術が必要となります。向正面からのマクりがハマったり、ごまかしも効くので、とにかく騎手の腕が問われます。上手い騎手が勝つ距離ですね。枠順はコーナーまで距離があるので、大きな差はありませんが、内の方が捌きやすいです」

山崎誠士

「川崎の2100mはコーナーを6回まわるので、外目で回ると不利が大きいです。スタートから最初のコーナーまでは長いので、枠の内外でそんなに差はありません。でも、やっぱり内側の方がいいですね。最内でも全然問題ないです。ホームストレッチでペースが遅くなるので、そこでの判断が必要になります。ペースによってはそこからマクっていく馬もいるので、勝負の分かれ目です。2コーナーを過ぎてちょっといくとペースも上がるので、そこでついていけるように乗るのが理想です」

瀧川寿希也

「先行馬で内枠が有利ですね。極端に内枠が良いので、内側から良い枠だと思って下さい。どうしても逃げたい馬なら外の方が良いですけど。川崎はコーナーがキツくてコーナーでは動けません。だから、外を通ると不利で、内なら最短距離でじっとできます。仮にペースが遅くなってもコーナーで動けるところがないので、最初のホームストレッチで動くしかありません。コーナで内の前目でじっと構えられる馬が有利になるので、いかに内に入るかなんです。力の劣る馬でも、そのメリットを活かして好走することもあります。グレードレースは馬群がバラけるので、そこまで位置取りはシビアにならないと思いますけどね」

吉原寛人

「スタート後のテンは速くなって、1周目の正面スタンド前で遅くなりがちです。2コーナーからの発走なので、スタート後の直線が長くテンが速くなるのですが、行きすぎると3~4角で遠心力がかかってしまうので、一気にペースを落とそうとして馬群が詰まりがちになります。スタンド前であんまり遅いようだと、そこから捲っていく馬もいますね。川崎は位置取りがとても重要で、馬にストレスもかかってしまい、そのあたりをいかにスムーズに乗れるかで、力のない馬でも上位に来れるんです。ゲートは前に行ける馬はどこの枠でも競馬ができますが、差しで外枠に当たると内に潜り込むのが大変になります。ラチ沿いのインで溜めるのがベストで、2100mはそういう馬が最後に伸びます。コーナーで外からマクられても、直線で内の馬が差し返したりもしますから」

川崎記念・過去10年成績

年月日(馬場) 馬名 性齢 人気 騎手 斤量 調教師(所属) 着差 上3F 通過順位 馬体重 前走レース 前走着順
2017年
川崎記念
2月1日
(良)
1 9 オールブラッシュ 牡5 5 Cルメ 57 村山明(J) 2:14.6 38.2 1-1-1-1 485(-7) 観月橋S(1600万下) 1
2 12 サウンドトゥルー セ7 1 大野拓 57 高木登(J) 3 38.2 9-8-6-5 475(0) 東京大賞典(G1) 3
3 4 コスモカナディアン 牡4 6 柴田大 56 金成貴(J) 1.1/2 38.6 6-6-5-4 477(-1) 招福S(1600万下) 1
2016年
川崎記念
1月27日
(良)
1 12 ホッコータルマエ 牡7 1 幸英明 57 西浦勝(J) 2:14.1 37.2 4-4-3-3 507(+5) 東京大賞典(G1) 2
2 1 サウンドトゥルー セ6 2 大野拓 57 高木登(J) アタマ 37.2 7-7-4-4 472(-1) 東京大賞典(G1) 1
3 2 アムールブリエ 牝5 3 浜中俊 55 松永幹(J) 4 37.6 5-5-5-5 489(-6) 名古屋グランプリ(Jpn2) 1
2015年
川崎記念
1月28日
(重)
1 5 ホッコータルマエ 牡6 1 幸英明 57 西浦勝(J) 2:16.9 39.4 5-5-4-2 507(+6) 東京大賞典(G1) 1
2 11 カゼノコ 牡4 3 秋山真 56 野中賢(J) 3/4 39.2 8-7-7-3 452(-6) チャンピオンズC(G1) 7
3 10 サミットストーン 牡7 6 石崎駿 57 矢野義(船) 1.1/2 40.1 2-2-1-1 559(+1) 東京大賞典(G1) 3
2014年
川崎記念
1月29日
(良)
1 5 ホッコータルマエ 牡5 1 幸英明 57 西浦勝(J) 2:13.8 38.4 2-2-2-2 506(+5) 東京大賞典(G1) 1
2 4 ムスカテール 牡6 3 岩田康 57 友道康(J) 1/2 38.4 4-3-4-3 479(-17) 金鯱賞(G2) 6
3 3 トウショウフリーク 牡7 2 武豊 57 今野貞(J) 5 39.8 1-1-1-1 483(-10) 名古屋グランプリ(Jpn2) 2
2013年
川崎記念
1月30日
(稍)
1 3 ハタノヴァンクール 牡4 2 四位洋 56 昆貢(J) 2:15.4 37.2 3-5-2-2 492(-5) 東京大賞典(G1) 2
2 11 ワンダーアキュート 牡7 1 和田竜 57 佐藤正(J) 1/2 37.3 2-2-2-3 518(+2) 東京大賞典(G1) 3
3 1 グラッツィア 牡5 3 岩田康 57 角居勝(J) 1.1/2 37.7 4-1-1-1 478(-10) みやこS(G3) 5
2012年
川崎記念
1月25日
(不)
1 5 スマートファルコン 牡7 1 武豊 57 小崎憲(J) 2:10.7 38.5 1-1-1-1 506(-7) 東京大賞典(G1) 1
2 1 ランフォルセ 牡6 5 横山典 57 萩原清(J) 4 38.8 3-3-3-2 498(+20) 南部杯(G1) 6
3 4 フリオーソ 牡8 2 戸崎圭 57 川島正(船) 4 39.9 2-2-2-3 508(0) かしわ記念(G1) 1
2011年
川崎記念
1月26日
(良)
1 4 フリオーソ 牡7 1 戸崎圭 57 川島正(船) 2:14.2 37.7 1-1-1-1 507(-1) 東京大賞典(G1) 2
2 2 メイショウタメトモ 牡6 3 福永祐 57 武田博(J) 5 38.6 3-3-4-3 446(+2) 師走S(OP) 3
3 7 ボランタス 牡7 2 山崎誠 57 山崎尋(川) 1.1/2 38.8 8-7-2-2 535(+1) 報知オールスターC(川崎OP) 1
2010年
川崎記念
1月27日
(良)
1 2 ヴァーミリアン 牡8 1 武豊 57 石坂正(J) 2:12.7 36.8 2-2-2-2 514(-5) 東京大賞典(G1) 2
2 3 フリオーソ 牡6 3 Mデム 57 川島正(船) クビ 37.1 1-1-1-1 503(+6) 東京大賞典(G1) 7
3 5 テスタマッタ 牡4 4 岩田康 56 村山明(J) 1.1/2 36.9 4-3-4-3 482(0) 浦和記念(Jpn2) 3
2009年
川崎記念
1月28日
(稍)
1 3 カネヒキリ 牡7 1 Cルメ 57 角居勝(J) 2:13.3 36.5 2-2-2-2 533(+5) 東京大賞典(G1) 1
2 11 フリオーソ 牡5 3 戸崎圭 57 川島正(船) 1/2 36.6 1-1-1-1 506(-2) 東京大賞典(G1) 5
3 2 サクセスブロッケン 牡4 2 内田博 56 藤原英(J) 3 37.0 4-3-4-3 515(+3) 東京大賞典(G1) 3
2008年
川崎記念
1月30日
(稍)
1 1 フィールドルージュ 牡6 1 横山典 57 西園正(J) 2:13.1 36.4 3-3-2-2 496(-4) 名古屋グランプリ(Jpn2) 1
2 2 フリオーソ 牡4 2 今野忠 56 川島正(船) 2.1/2 37.2 1-1-1-1 495(-6) 東京大賞典(G1) 2
3 9 シャドウゲイト 牡6 3 Cルメ 57 加藤征(J) 4 37.2 5-6-4-4 496(+2) 香港C(G1) 5