【マイルCS】G1連勝を狙うスプリント王レッドファルクスら22頭が登録!

レッドファルクス

スプリンターズSを制したレッドファルクス

11月19日(日)に京都競馬場で行われる第34回 マイルチャンピオンシップ(G1)(3歳上 国際 指定 定量 芝1600m)の特別登録馬22頭が発表された。

マイルチャンピオンシップの登録馬データ、過去10年一覧はコチラ⇒

今年はクラシック実績のある3歳、上がり馬、安田記念勝ち馬、サマーシリーズ活躍勢などバラエティに富んだメンバーが集結。近年は比較的平穏傾向の結果が続いているレース。逃げ候補の馬もおり、白熱したレースが期待できそうだ。また、京都コースらしく、ディープインパクト産駒が好成績。一方、以前は好調だった前走天皇賞・秋組は、ここ3年の成績はひと息。今年の顔ぶれでどんな結果となるだろうか。

スプリンターズSを制したレッドファルクスは短距離界制圧を狙う。春の安田記念では追い出しを待たされるところもありながら、3着の内容は上々。ひと叩きされた上積みもあるはず。鞍上は主戦のミルコ・デムーロ騎手から弟のクリスチャン・デムーロ騎手に替わるが、今季の短期免許期間では大活躍をみせている。

安田記念を制したサトノアラジンだが、天皇賞・秋は苦手とする雨馬場。それも、稀にみる極悪馬場だったのだから、ノーカウントの一戦だ。枠順など条件はつきまとうが、ハイペースが見込める今回なら、要警戒だ。

悲願のG1制覇を狙うのはエアスピネル。今年はマイル路線に矛先を向け、安田記念では5着。夏は札幌記念に出走したが、結果的にマイル路線に戻り、前哨戦の富士Sを制して臨む。富士Sで2着に敗れたイスラボニータも昨秋からはすっかり安定しており、2014年皐月賞以来のG1勝利を挙げられるか。

3歳からは、4連勝でスワンSを制した上がり馬・サングレーザー、エリザベス女王杯を制したM.デムーロ騎手が選んだ皐月賞2着のペルシアンナイト、久々のマイル戦となるレーヌミノルなどが参戦。夏のマイル重賞を盛り上げたマルターズアポジーウインガニオンの逃げにも注意だ。

なお、ネオリアリズムディサイファメラグラーナは出走を回避する予定。登録馬、想定騎手は以下のとおり。

マイルチャンピオンシップの登録馬データ、過去10年一覧はコチラ⇒

  • 【優先出走馬】
  • エアスピネル 57 武豊
  • サングレーザー 56 福永

  • 【収得賞金順】
  • レッドファルクス 57 C.デムーロ
  • サトノアラジン 57 川田
  • イスラボニータ 57 C.ルメール
  • レーヌミノル 54 和田竜
  • ウインガニオン 57 津村

  • マルターズアポジー 57 武士沢
  • ペルシアンナイト 56 M.デムーロ
  • グランシルク 57 田辺
  • アメリカズカップ 56 松山
  • ダノンメジャー 57 北村友

  • ブラックムーン 57 A.アッゼニ
  • ジョーストリクトリ 56 ○○
  • ヤングマンパワー 57 石橋脩
  • ガリバルディ 57 岩田
  • ムーンクレスト 57 藤岡佑

  • クルーガー 57 ○○

  • 【除外対象馬】
  • グァンチャーレ 57 古川吉

  • 【以下、回避予定馬】
  • ネオリアリズム
  • ディサイファ
  • メラグラーナ

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。

みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み0

  • この記事に関する投稿はありません。