【中山金杯】世代交代へ セダブリランテス、ウインブライトなど17頭が登録

中山金杯

ここを飛躍のキッカケとしたいセダブリランテス

2018年1月6日(土)、1回中山1日目に行われる第67回 中山金杯(G3)(4歳上 国際 指定 ハンデ 芝2000m)の特別登録17頭が発表された。

デビューから3連勝でラジオNIKKEI賞を制したセダブリランテス(牡4、美浦・手塚厩舎)が、新年初日から始動する。連勝は3でストップしたが、初の古馬相手となったアルゼンチン共和国杯でも3着に入り、強豪ステイヤー・アルバートに先着。今年はG1戦線での活躍も期待される馬で、ここは通過点としたいところ。

ウインブライト(牡4、美浦・畠山吉厩舎)は、スプリングS、福島記念と重賞を2勝。春のクラシックでは苦戦を強いられたが、秋初戦の毎日王冠で強豪古馬を相手に見せ場を作り、福島記念で勝ちにいく競馬で堂々と押し切って見せた。ゲンのいい中山で3つ目の重賞タイトルを狙う。

カデナ(牡4、栗東・中竹厩舎)は今回と同じ舞台の弥生賞を制覇。その後の成績がひと息だが、天皇賞(秋)からジックリと間隔を開けてここを目標に立て直された。素材はここでも上位で、アッサリ巻き返しがあってもおかしくはない。

そろそろ右回りでも結果を出したいダイワキャグニー(牡4、美浦・菊沢厩舎)も強力4歳勢の1頭。これらに対し、ベテラン勢では明けて8歳となる牝馬ながら、チャレンジCで健在を大きくアピールしたデニムアンドルビー(牝8、栗東・角居厩舎)、ブラックバゴ(牡6、美浦・斎藤誠厩舎)、マイネルミラノ(牡8、美浦・相沢厩舎)、レアリスタ(牡6、美浦・堀厩舎)らが世代交代に待ったをかける。登録馬、想定騎手は以下のとおり。

デニムアンドルビー 川田
ウインブライト 松岡
マイネルミラノ 柴田大
カデナ 福永
ブラックバゴ 岩田

ダイワキャグニー 横山典
セダブリランテス 戸崎
タイセイサミット 北村宏
ストレンジクォーク 柴山
ジョルジュサンク 吉田隼

パリカラノテガミ ○○
フェルメッツァ 田辺
トーセンマタコイヤ 内田博
アウトライアーズ 蛯名
レアリスタ 石橋脩

ケントオー ○○
ショウナンマルシェ 三浦

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。

みんなの情報掲示板topics bbs

最新情報や応援コメントなど役立つ情報の書き込みをお待ちしています!

書き込み0

  • この記事に関する投稿はありません。