【天皇賞・秋】豪華絢爛!アーモンドアイ1枠2番、サートゥルナーリアは5枠10番!

アーモンドアイ

待望の秋初戦を迎えるアーモンドアイ

10月27日(日)、東京競馬場で行われる第160回天皇賞・秋(3歳上 国際 定量 芝2000m)の枠順が確定した。

天皇賞(秋)の総力特集はコチラ⇒

総合力が問われる東京芝2000mを舞台に、日本競馬が誇るトップクラスの馬たちが王者の座を争う。様々なカテゴリーのトップが集った今年。この超豪華メンバーの一戦で、最強の座を勝ち取るのはどの馬か。

現役最強牝馬アーモンドアイ(牝4、美浦・国枝厩舎)が1枠2番から秋緒戦を迎える。ドバイターフを快勝し臨んだ前走の安田記念はスタート後の不利もあって3着に敗れたが、高速決着でただ1頭後方から差してきたその実力はやはり日本ナンバーワン。末脚の切れ、爆発力共に現役屈指の女王が、距離延長となる天皇賞で実力をフルに出し切れば、戴冠は目前だろう。

女王にストップをかけたいのが5枠10番に入った3歳馬のエース・皐月賞馬サートゥルナーリア(牡3、栗東・角居厩舎)。皐月賞完勝の後に臨んだ日本ダービーではスタートを失敗。道中折り合いを欠く場面もあり、まさかの4着に敗れた。しかし休み明けだった前走の神戸新聞杯では直線で独走。最後まで余裕ある走りで他馬を圧倒した。初コンビのスミヨン騎手とのコンビで古馬撃破に挑む。

昨年のダービー馬7枠14番ワグネリアン(牡4、栗東・友道厩舎)も侮れない。ダービー以降は神戸新聞杯を快勝したものの、休み明けで臨んだ大阪杯で惜敗。前走の札幌記念では良馬場とはいえ重い馬場が影響したか、4着に敗れてしまった。以前の勢いはないとはいえ、ダービー馬の称号を持つ馬として、豪華メンバーでも存在感を示したい一戦となる。

安田記念は大敗したものの、現役トップクラスの実力を秘める5枠9番ダノンプレミアム(牡4、栗東・中内田厩舎)、大阪杯勝ち馬で、東京コースも得意としている2枠4番スワーヴリチャード(牡5、栗東・庄野厩舎)、スピード抜群3枠5番アエロリット(牝5、美浦・菊沢厩舎)など、豪華過ぎるとも言える天皇賞の発走は15時40分。枠順は以下の通り。

枠-馬番 馬名 斤量
(性齢、所属・調教師、騎手)の順に表記

1-1 カデナ 58
(牡5、栗東・中竹、藤岡佑)

1-2 アーモンドアイ 56
(牝4、美浦・国枝、C.ルメール)

2-3 ケイアイノーテック 58
(牡4、栗東・平田、幸)

2-4 スワーヴリチャード 58
(牡5、栗東・庄野、横山典)

3-5 アエロリット 56
(牝5、美浦・菊沢、戸崎)

3-6 ユーキャンスマイル 58
(牡4、栗東・友道、岩田康)

4-7 スティッフェリオ 58
(牡5、栗東・音無、丸山)

4-8 マカヒキ 58
(牡6、栗東・友道、武豊)

5-9 ダノンプレミアム 58
(牡4、栗東・中内田、川田)

5-10 サートゥルナーリア 56
(牡3、栗東・角居、C.スミヨン)

6-11 ゴーフォザサミット 58
(牡4、美浦・藤沢和、北村宏)

6-12 ドレッドノータス 58
(セ6、栗東・矢作、坂井瑠)

7-13 ランフォザローゼス 56
(牡3、美浦・藤沢和、M.デムーロ)

7-14 ワグネリアン 58
(牡4、栗東・友道、福永)

8-15 ウインブライト 58
(牡5、美浦・畠山吉、松岡)

8-16 アルアイン 58
(牡5、栗東・池江寿、北村友)

天皇賞(秋)の確定枠順はコチラ⇒

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。