びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • line
阪神競馬場 ダート1400m
阪神競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

ダート1200mのスタート地点からそのまま200m延長した芝のポケット部分がスタート。3コーナーまでの距離は542mで、スタートから芝を走るためテンのラップが速くなり、同じ阪神でも1200mより速いラップを刻むことが多々ある。

逃げ・先行馬が安定しているが、先行馬が早めに逃げ馬を潰しに行く展開になると、それらを狙い澄ました差し馬が台頭する。枠は芝の部分を長く走れる外枠が有利。この部分は1200mとは違った傾向が出ている。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F 前後3F差
2歳 新馬 11 1:25.8 35.5 37.7 2.2 6 14 11 2
未勝利 30 1:25.8 35.3 38.2 2.9 19 40 24 7
500万 3 1:24.6 34.4 37.9 3.5 3 3 2 1
3歳 新馬 3 1:26.5 35.5 38.4 2.9 1 3 4 1
未勝利 63 1:25.4 35.1 37.9 2.8 28 85 62 14
500万 11 1:24.7 34.7 37.6 2.9 5 18 6 4
古馬 500万 51 1:24.2 34.6 37.5 2.9 16 60 58 19
1000万 29 1:23.6 34.4 37.1 2.7 4 44 31 8
1600万 15 1:23.4 34.9 36.4 1.5 6 20 13 6
オープン 15 1:22.7 34.1 36.7 2.6 7 11 19 8
集計期間は16年1月1日~18年12月31日/右は1~3着馬の脚質シェア

買いの法則

スピード、スタミナを兼ね備える同産駒は期間内(7.5.2.13)勝率25.9%、複勝率51.9%と非常に優秀。

パワーがウリのGiant’s Causewayは急坂のある阪神と相性がいい。同条件で期間内(5.4.2.16)勝率18.5%、複勝率40.7%。

期間内(25.16.10.56)勝率23.4%、複勝率47.7%とこの条件を得意としている。

消しの法則

スピードある産駒も多いが、この条件では不振。期間内(2.1.1.23)勝率7.4%、複勝率14.8%、単複回収率は共に20%台。

まんべんなくどの条件もこなす母父サンデーはこの条件で不振。期間内(8.8.8.159)勝率4.4%、複勝率13.1%と大不振。

馬質が高いわけではないものの、期間内(0.1.1.36)勝率0%、複勝率5.3%と買える条件ではない。

阪神競馬場

阪神競馬場
芝コース
ダートコース