びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • line
阪神競馬場 芝2400m
阪神競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

スタート地点は2000mと同じで、こちらは外回りコースを使用。基本はスローの瞬発力勝負で、とにかく速い上りが求められ、このコース唯一の重賞である神戸新聞杯では34秒前後の決め手が必須。下級条件でも34秒~35秒台のラップが刻まれる。

決め手があれば4角のポジションはさほど問われない。流れさえ向けばマクリも決まる。

  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 5 4 4 10 21.7% 58.7%
    2 4 4 2 7 23.5% 58.8%
    3 4 3 3 16 15.4% 38.5%
    4 3 4 0 3 30.0% 110.0%
    5 2 4 3 13 9.1% 83.2%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 5 3 4 3 33.3% 89.3%
    2 3 4 3 16 11.5% 31.9%
    3 3 2 0 4 33.3% 121.1%
    4 3 1 0 9 23.1% 103.1%
    5 3 0 0 5 37.5% 127.5%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 2 7 4 3 33 14.9% ---
    2 4 8 10 7 29 14.8% ---
    3 3 7 5 4 33 14.3% ---
    4 5 6 5 7 40 10.3% ---
    5 8 6 9 5 58 7.7% ---

※集計期間:2018年1月1日から現在まで

買いの法則

期間内(3.4.4.8)で連対率36.8%、複勝率57.9%と優秀。

各場の芝2400mに強く、ここも(5.8.3.6)で連対率59.1%、連対率72.7%。

消しの法則

(1.0.4.10)で連対率は6.7%と低い。

(0.0.0.9)で1度も馬券に絡んでいない。

神戸新聞杯のポイント

2014年以降でレース上がり1位と2位は馬券率100%。内訳は上がり2位が[4-1-1-0]で、1位は[0-4-1-0]と勝ち切れていない。ワールドプレミアはデビューから4戦すべて上がり3位以内。直線の長い外回りは2戦2勝で、一角崩しを狙える。

阪神競馬場

阪神競馬場
芝コース
ダートコース