びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • line
京都競馬場 芝2000m
京都競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

秋華賞が行われるコースで、スタンド前の直線半ばからスタートして、1コーナーまでの距離は309m。1コーナーまでの距離が短く、先行争いが激しくなりがちなのだが、下級条件では向正面でペースが緩み、息の入った先行馬が短い直線でなだれ込むというケースが多い。一方で秋華賞のように中盤も淀みなく流れると先行馬が苦しくなり、差しや追い込み馬が台頭する。

ゴール前の直線が短く、先行有利のように見えるが、コーナーでゴチャつくため先行馬は馬群で揉まれやすく数字以上に消耗しやすい。長い脚よりも、一瞬の脚が求められる。

乗り難しいコース形態で波乱が起きやすい。他のコースに比べて騎手の腕も重要な要素であり、このコースを熟知しているリーディング上位騎手を狙いたい。

  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 12 10 4 13 30.8% 108.2%
    2 10 9 7 20 21.7% 72.6%
    3 9 6 9 27 17.6% 161.0%
    4 8 10 7 27 15.4% 57.1%
    5 6 5 8 22 14.6% 112.7%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 8 4 1 10 34.8% 80.4%
    2 6 4 6 23 15.4% 103.3%
    3 6 1 3 23 18.2% 130.0%
    4 5 5 5 22 13.5% 102.4%
    5 5 0 2 10 29.4% 196.5%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 4 18 18 11 120 10.8% ---
    2 1 14 10 13 104 9.9% ---
    3 7 19 14 14 154 9.5% ---
    4 3 14 14 14 116 8.9% ---
    5 6 15 14 18 138 8.1% ---

※集計期間:2017年1月1日から現在まで


買いの法則

連対率29.2%、複勝率41.7%は、同コース勝ち星ダントツのディープインパクト産駒に遜色ない数字。

短期免許で来日して(3.4.2.6)。複勝率60%と抜群の成績。

4角先頭

勝率28.7%、複勝率50.7%と他を圧倒。単勝回収率は500%と、人気薄でも押し切っている。

消しの法則

期間内(0.0.0.10)と馬券に絡んでいない。

リーディング上位騎手の騎乗が多い中で(0.3.1.23)と不振。

秋華賞のポイント

3歳の牝馬限定戦にしてはペースが速くなりやすいレースで、基本的にはオークスで速い上がりを出して好走した馬が強い。今年はオークスの上がり1位、2位とも不在で、狙いはローズSまたは紫苑Sで差し遅れて2~5着に負けた馬。このパターンが毎年2頭は馬券に絡んでいる。今年該当するのはカレンブーケドールシゲルピンクダイヤフェアリーポルカ

京都競馬場

京都競馬場
芝コース
ダートコース