新規会員登録

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • line
京都競馬場 芝1600m(内)
京都競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

2~3歳の新馬、未勝利、500万条件で施行されるコース。クラスが上がると外回りコースが使用されるが、施行数自体は内回りの方が倍近くあるので馬鹿にはできない。

向正面ポケットからスタートして、3コーナーまでの距離は716m。枠順は基本フラットだが、集計期間では6枠の数字があまり良くなかった。施行されるのが下級条件のみということもあり、テンはそこまで速くはならず、また直線も短いためマイル戦にしては差しが決まりにくい。

古馬は外回りしかないのであまり気にする必要はないが、2~3歳では内回りで勝ち上がった後、同じ1600mでも外回りにコースが替わっているケースがあるので注意。

  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 10 6 3 16 28.6% 208.6%
    2 9 2 4 42 15.8% 109.3%
    3 6 10 5 25 13.0% 73.7%
    4 6 2 5 27 15.0% 74.0%
    5 5 4 2 11 22.7% 59.1%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 4 2 4 13 17.4% 115.2%
    2 4 1 2 13 20.0% 91.5%
    3 4 1 1 18 16.7% 166.7%
    4 3 2 1 15 14.3% 65.2%
    5 3 2 0 8 23.1% 87.7%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 3 18 4 11 107 12.9% ---
    2 5 16 6 14 119 10.3% ---
    3 7 18 10 15 133 10.2% ---
    4 2 9 16 5 106 6.6% ---
    5 6 9 12 7 134 5.6% ---

※集計期間:2018年1月1日から現在まで


買いの法則

3枠

連対率15.8%、複勝率23.0%はともにトップ。

期間内12勝は外国人騎手を上回り首位。単勝回収率165%も優秀だ。

(5.1.1.3)で勝率50%、複勝率70%と破格の数字をマーク。

勝率25.7%、連対率31.4%はともにディープインパクト産駒を上回る。

消しの法則

期間内(0.0.0.24)で1度も馬券に絡んでいない。

平均4.4人気で(2.0.1.24)の成績。連対率7.4%と低調。

平均5.6人気にもかかわらず(0.0.1.12)と苦戦している。

京都競馬場

京都競馬場
芝コース
ダートコース