新規会員登録

コースデータ

東京競馬場 芝2500m
東京競馬場

コース攻略検証・見解

目黒記念とアルゼンチン共和国杯が行われるコース。2011年まではその他に3歳未勝利戦が1鞍組まれていたが、現在は1年で2回しか使用されない。

2400mのスタート地点を100m延ばしたところがスタートで、1コーナーまでの距離はおよそ450m。スタンド前直線の坂下からスタートし、すぐに上りとなるため2400mよりもテンは落ち着く傾向。直線の坂を2度上ることもあり、ゴール前は瞬発力に加え、スタミナも必要。持久力勝負になりやすい。同じ競馬場で100m違うだけではあるが、異なる資質が求められることが特徴。

施行されている番組がG2ながらともにハンデ戦。近年、アルゼンチン共和国杯は比較的平穏決着となっているが、ダービーデーに行われる目黒記念はやや波乱傾向にある。

[DATA]
年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 前5F 後5F 後3F R3F差 1上り
3歳 未勝利 1 2.35.3 36.7 63.2 59.9 35.9 -0.8 35.2 0 1 2 0
混合 オープン 13 2.31.1 36.1 60.8 59.3 35.0 -1.1 34.5 0 13 22 4

買いの法則

ハーツクライ
産駒
馬券率は推すほどでもないが、こと勝率でいえば21.4%。スタミナも要求されるコースだけに、父の資質が発揮されるのだろう。

消しの法則

ディープインパクト
産駒
期間内に12回の出走があり平均人気は5.4。それでいて【0-1-2-9】と勝ち切れていない。
集計は2011年~2017年3回東京/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

東京競馬場

東京競馬場
芝コース
ダートコース