びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
11R

2019/10/27(日) 4回東京9日目

天皇賞(秋) (GⅠ)

  • サラ系3歳上オープン (国)(指) 定量
  • 芝2000m 16頭 15:40発走
  • 本賞金 15000万 6000万 3800万 2300万 1500万
my予想印ジェネレーター
無料会員登録はコチラから

 あなたの資金を10倍にする1鞍!ジャパンカップ(G1)単複1点馬券

レース結果

馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 タイム 着差 通過順 上り 調教師 馬体重 α β Ω Ω指数
1 1 2 牝4 56.0 1 1.6 1:56.2 ⑤⑥⑤ 33.8 480(-4) オメガ指数を見るには、
会員の方はログイン
会員でない方は会員登録
してご覧下さい
2 5 9 牡4 58.0 3 9.5 1:56.7 ⑤⑤③ 34.5 508(+4)
3 3 5 牝5 56.0 6 20.0 1:56.7 クビ ①①① 34.8 516(0)
4 3 6 牡4 58.0 7 40.6 1:56.8 クビ ⑬⑬⑬ 33.7 488(-8)
5 7 14 牡4 58.0 4 18.7 1:56.8 クビ ⑪⑪⑨ 34.0 462(-10)
6 5 10 牡3 56.0 2 3.4 1:57.1 11/2 ②③③ 34.9 502(+4)
7 2 4 牡5 58.0 5 19.1 1:57.1 ハナ ⑦⑨⑨ 34.3 514(-10)
8 8 15 牡5 58.0 12 148.9 1:57.3 11/4 ⑦⑧⑤ 34.8 486(-8)
9 2 3 牡4 58.0 14 257.8 1:57.5 ⑭⑮⑮ 34.2 468(-2)
10 4 8 牡6 58.0 8 53.0 1:57.6 3/4 ⑭⑬⑬ 34.4 504(-4)
11 6 11 牡4 58.0 16 406.1 1:57.7 3/4 ⑪⑪⑫ 34.7 502(-2)
12 4 7 牡5 58.0 11 145.1 1:57.9 11/4 ②②② 35.9 448(+6)
13 1 1 牡5 58.0 10 126.0 1:58.4 ⑯⑯⑯ 34.7 472(-6)
14 8 16 牡5 58.0 9 67.9 1:58.7 ⑨⑥⑦ 36.1 516(-4)
15 7 13 牡3 56.0 13 150.9 1:59.1 21/2 ⑨⑨⑪ 36.2 490(0)
16 6 12 セ6 58.0 15 296.2 2:00.1 ④③⑦ 37.5 462(+4)

払い戻し

単勝 2 160円 馬単 2-9 1,170円
複勝 2
9
5
110円
260円
270円
ワイド 2-9
2-5
5-9
400円
400円
1,740円
枠連 1-5 220円 3連複 2-5-9 3,210円
馬連 2-9 920円 3連単 2-9-5 8,860円

通過順

 1着 2着 3着 上がり最速馬
1コーナー
2コーナー 5(10,7)12(2,9)(4,15)(13,16)(11,14)-6(3,8)-1
3コーナー 5,7(10,12)9(2,16)15(4,13)(11,14)-(6,8)3,1
4コーナー 5,7(10,9)(2,15)(12,16)(4,14)13,11(6,8)3-1

通過タイム

200m 12.8 (12.8)
400m 11.4 (24.2)
600m 11.5 (35.7)
800m 11.6 (47.3)
1000m 11.7 (59.0)
1200m 11.6 (1.10.6)
1400m 11.3 (1.21.9)
1600m 11.1 (1.32.0)
1800m 11.3 (1.44.3)
2000m 11.9 (1.56.2)
ペース:スロー (+1.8)
テン:4F 47.3 - 3F 35.7/上がり:4F 45.6 - 3F 34.3

レース後のコメント

1着 アーモンドアイ(Cルメール騎手)

「安心しました。いつも休み明けは馬が走りたいか、という疑問があります。でも、アーモンドアイは素晴らしい馬ですし、最後は伸びてくれましたね。2番枠を引いたことで、内でしか競馬はできないですし、アエロリットとサートゥルナーリアの後ろ、外にはダノンプレミアムもいていいポジションだと感じました。直線ではサートゥルナーリアをマークしていたけど、早めに脱落していましたし、内のスペースがあったので、最後はいい反応でした。自分も平成最後の天皇賞を勝てて、令和初の天皇賞を勝つことができて嬉しいです。でも、アーモンドアイの能力を出してくれたことが嬉しいですね」

1着 アーモンドアイ(国枝栄調教師)

「驚きました。パドックで落ち着いていて、余計なことをしないですね。スタートでポンと出てくれて一安心。内の3列目であとは締められないようにという感じでした。直線の脚はビックリです。メンバーがメンバーだっただけに、一気に抜けてきて驚きました。おっかないというか(笑)、凄いなと思いました。我々の想像の上を行ってくれますね。JCか香港かは馬の具合見て、オーナーサイドと相談して決めようと思います。皆さんのおかげで大一番を勝てました。これだけの馬ですし、しっかり管理して、次いい競馬ができればと思っています」

  • twitter
  • facebook
  • line