びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
11R

2019/11/24(日) 5回東京8日目

ジャパンカップ (GⅠ)

(国際招待)

  • サラ系3歳上オープン (国)(指) 定量
  • 芝2400m 15頭 15:40発走
  • 本賞金 30000万 12000万 7500万 4500万 3000万
my予想印ジェネレーター
無料会員登録はコチラから

 あなたの資金を10倍にする1鞍!朝日杯FS(G1)単複1点馬券

レース結果

馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 タイム 着差 通過順 上り 調教師 馬体重 α β Ω Ω指数
1 3 5 牡5 57.0 3 5.1 2:25.9 ⑦⑦⑥⑤ 36.5 516(+2) オメガ指数を見るには、
会員の方はログイン
会員でない方は会員登録
してご覧下さい
2 1 1 牝3 53.0 5 10.5 2:26.0 3/4 ④④③② 36.9 466(+2)
3 2 2 牡4 57.0 2 4.3 2:26.2 11/2 ⑥⑥⑥⑧ 36.6 458(-4)
4 8 14 牡6 57.0 12 50.4 2:26.5 13/4 ⑮⑮⑮⑬ 36.3 506(+2)
5 4 6 牡4 57.0 4 6.2 2:26.6 クビ ⑫⑫⑫⑫ 36.7 488(0)
6 4 7 牡5 57.0 14 120.9 2:26.6 クビ ①①①① 37.9 508(+6)
7 7 13 牡4 57.0 9 23.8 2:26.9 11/2 ④④③② 37.7 462(-16)
8 3 4 牡5 57.0 6 15.4 2:27.1 11/4 ⑨⑨⑨⑧ 37.4 488(0)
9 6 11 牡7 57.0 8 20.0 2:27.1 クビ ⑦⑦⑥⑦ 37.6 464(---)
10 5 9 牡6 57.0 7 15.4 2:27.3 11/2 ⑬⑬⑫⑮ 36.9 440(-2)
11 5 8 牡5 57.0 1 4.2 2:28.1 ⑨⑪⑨⑧ 38.4 486(+4)
12 2 3 牡6 57.0 15 244.4 2:28.9 ③③③⑤ 39.5 514(-2)
13 8 15 牡4 57.0 11 34.3 2:29.1 11/2 ⑨⑨⑨⑧ 39.4 480(+8)
14 6 10 牡5 57.0 10 30.7 2:29.2 クビ ②②②② 40.1 488(-6)
15 7 12 牡4 57.0 13 58.0 2:29.8 31/2 ⑭⑭⑭⑬ 39.5 486(+2)

払い戻し

単勝 5 510円 馬単 5-1 4,810円
複勝 5
1
2
180円
280円
170円
ワイド 1-5
2-5
1-2
880円
490円
700円
枠連 1-3 2,050円 3連複 1-2-5 2,900円
馬連 1-5 2,900円 3連単 5-1-2 19,850円

通過順

 1着 2着 3着 上がり最速馬
1コーナー (*7,10)3(1,13)2(5,11)(4,8,15)-6-9-12-14
2コーナー (*7,10)3(1,13)2(5,11)(4,15)8=6,9=12-14
3コーナー 7,10(1,3,13)(5,2,11)(8,4,15)(6,9)-12-14
4コーナー 7-(1,10,13)(5,3)11(8,4,2,15)6(14,12)9

通過タイム

200m 12.8 (12.8)
400m 11.3 (24.1)
600m 12.3 (36.4)
800m 12.2 (48.6)
1000m 11.7 (1.00.3)
1200m 12.2 (1.12.5)
1400m 12.1 (1.24.6)
1600m 12.0 (1.36.6)
1800m 12.1 (1.48.7)
2000m 12.4 (2.01.1)
2200m 12.2 (2.13.3)
2400m 12.6 (2.25.9)
ペース:ハイ (-0.9)
テン:4F 48.6 - 3F 36.4/上がり:4F 49.3 - 3F 37.2

レース後のコメント

1着 スワーヴリチャード(Oマーフィ騎手)

「私の夢を実現できました。ジャパンカップは世界有数のレース。勝ちたいという希望はありましたが、自信はありませんでした。スワーヴリチャードには追い切りで乗せていただき、動きも良く、落ち着いている馬だと感じていました。レース前には幾つかプランを立てるものですが、カレンブーケドール、ワグネリアン、他はムイトオブリガードやユーキャンスマイルなどの有力が自分の周囲の枠にいたので、どの馬についていくか、マークするかを考えて、馬をリラックスさせることを意識していました。1コーナーからポジションをとることができましたし、こうした馬場の時には馬をリラックスさせることでしっかり力を溜めることが重要ですので、そこを意識しましたね。直線でも幾つかのポジションを考えて、大きな馬なので外に行くことも考えましたが、スペースが空いたの内の進路を選びました。こうしたタイミングでも前の馬がどんな進路を選ぼうとしているのか、どの馬がバテてくるのか、前の騎手がどちらにムチを持っているかなどを瞬時に考えて、色々な判断をしています。 最後の1Fでは勝てる実感が湧いてきましたが、こんな馬場ですし、最後まで粘ってほしいという気持ちでした。ただ、大きなレースを勝ったときはいつも実感が沸かないもの。ただ、勝ちたかったジャパンCを勝てて、1週間は寝付けないんじゃないかと思います(笑)。気持ちは「スーパー」ですよ」

  • twitter
  • facebook
  • line