【マーメイドS】今年も軽ハンデの一発!格上挑戦サマーセントが重賞初勝利!

6月14日(日)、3回阪神4日目11Rで第25回マーメイドステークス(G3)(芝2000m)が行なわれ、酒井学騎手騎乗の7番人気・サマーセント(牝4、栗東・斉藤崇厩舎)が道中2番手を追走すると、直線早めに抜け出し、後続の追撃を抑えて優勝した。勝ちタイムは2:01.1(稍重)。

2着には3/4馬身差で2番人気・センテリュオ(牝5、栗東・高野厩舎)、3着には1馬身1/4差で3番人気・リュヌルージュ(牝5、栗東・斉藤崇厩舎)が続いて入線した。
1番人気に支持されたエアジーン(牝4、美浦・堀厩舎)は5着に敗れた。

勝ったサマーセントはこれが12戦目。前走は3勝クラスの下鴨Sで3着。今回は格上挑戦での重賞制覇となった。

馬主はゴドルフィン、生産者は日高町のダーレー・ジャパン・ファーム有限会社

  • サマーセント
  • (牝4、栗東・斉藤崇厩舎)
  • 父:ハービンジャー
  • 母:プリムローズレーン
  • 母父:サンデーサイレンス
  • 通算成績:12戦4勝
  • 重賞勝利:20年マーメイドS(G3)


※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。