新規会員登録

水上学の血統トレジャーハンティング

血統という難解で重層的に絡み合った世界に心血を注ぐこと数十年。遂に勝利の方程式が完成した。すべての武器を駆使した天才の競馬理論が、ここで明らかになる。

【TVQ杯】経験が糧になる

水上学の血統トレジャーハンティング

土曜小倉11R TVQ杯(ダート1700m)

◎本命馬
⑨タガノグルナ
牡3、栗東・大根田厩舎、鮫島良騎手

夏競馬も終盤戦に入ってきた。この夏の、小倉の出走馬レベルが例年より高い気がするのは私だけだろうか?白熱したレースが目立つが、時計面でも価値のあるレースも目立つ。土曜のメイン、このTVQ杯もかなり粒揃いである。
その中から軸に期待したいのが⑨タガノグルナ。若い3歳馬、53キロの斤量、小倉で成績の上がる、地元九州出身の鮫島良太騎手の手綱にも期待したい。

前走は500万を勝ってすぐに重賞へ挑戦。同じオーナーの馬が複数出走したレパードSで、果敢にペースメイカーを担うはずだったと思うが、周りのレベルも高くてハナは切れず。息が入らない厳しい流れにまともに巻き込まれてしまった。それでもバタバタにはならずに1秒2差の9着なら健闘の部類だろう。こういう辛い競馬をした経験はすぐに活きる。

砂を被っても問題ないし、本来は脚質も自在。さらに当該コースで今夏は圧倒的にミスプロ系が勝ち切っており、しかもルーラーシップ産駒はその中でも中心を担っている。近親にコイウタ、ビハインドザマスクらがいる一族で、切れやスピードも兼備している。幸い人気が割れそうで、十分妙味はありそうだ。

$お宝馬
③メイショウグジョウ

武豊騎手が乗ってきたので人気になってしまうかもしれないが、メイショウ馬に武豊は本来勝負(先週のメイショウウタゲの失敗例はあるが)で、しかも53キロに乗ってきたのも気配を窺わせる。距離延長で追走が楽になり、道中の位置取りが上がれば、終いも楽になるはずで、血統からはローカルダート1700mはハマるメイショウボーラー産駒。一発を期待したい。

相手上位は⑥ビスカリア⑪キョウワランサー⑯シーリーヴェール。押さえは⑦タガノヴェローナ⑭サンライズワールド⑫ウラガーノ⑧ヴェゼール⑤タイマツリ

この記事に取り上げられているレース

バックナンバーbucknumber

一覧へ