新規会員登録

水上学の血統トレジャーハンティング

血統という難解で重層的に絡み合った世界に心血を注ぐこと数十年。遂に勝利の方程式が完成した。すべての武器を駆使した天才の競馬理論が、ここで明らかになる。

【エリザベス女王杯】全ては女王の称号のために

水上学の血統トレジャーハンティング

日曜京都11R エリザベス女王杯(G1)(芝2200m)

◎本命馬
⑯ヴィブロス
牝4、栗東・ルメール騎手、友道厩舎

近年例を見ない豪華メンバー。去年は1頭も馬券にならなかったとはいえ、毎年優勢と喧伝されている3歳馬も例年以上に粒が揃ってはいる。しかし今年の古馬の牙城は相当厚い。もともと、3歳がもてはやされているレースと言っても。あくまで馬券圏内に毎年1頭、2頭入るという意味であり、勝ち切っているのは2011年以降では1頭しかいない。古馬の層が厚い今年は、素直に古馬から入りたい。

もろもろ考えた末に捻ることを止め、素直に能力を評価することにした。⑯ヴィブロスに最敬礼である。

戦績についてはいまさら語る必要もない。欧州血脈が幅を利かせる女王杯において、この馬の母方の血統はまさにピッタリ。姉ヴィルシーナは12年に2着、兄シュヴァルグランは京都外回り巧者。近親にシングスピール、ラーイ、一族にヒシナタリーやデヴィルズバッグなどがいる世界的名門のバラッド牝系。揉まれない枠も引けて、死角は少ない。

$お宝馬
⑬ジュールポレール

せめてヒモ穴くらいは狙いたい。お宝馬として推したいのはこの馬だ。アドマイヤリードと勝ったり負けたりの競馬、G1でも上位があれば、昇級戦でも位負けはしないだろう。

半兄サダムパテックは息の長い活躍を続け、距離もマイルから2000m以上まで幅広く対応した。父はフジキセキからディープインパクトに替わるが、何の問題もない。決してマイラーに留まる馬ではない。3代母は大舞台に強いリボー系である。

上位評価は⑰ルージュバック⑪ディアドラ⑩ミッキークイーン。押さえは⑤モズカッチャン⑥リスグラシュー⑫スマートレイアー

この記事に取り上げられているレース

バックナンバーbucknumber

一覧へ