新規会員登録

水上学の血統トレジャーハンティング

血統という難解で重層的に絡み合った世界に心血を注ぐこと数十年。遂に勝利の方程式が完成した。すべての武器を駆使した天才の競馬理論が、ここで明らかになる。

【門司S】ダートは間違いなく道悪

水上学の血統トレジャーハンティング

火曜小倉11R 門司S(ダ1700m)

◎本命馬
⑨ショートストーリー
牡5、栗東・吉村厩舎、加藤騎手

この時期に3日間開催を組むリスクを思い知らされた結果。来年の課題としてもらいたい。

明日の芝のコンディションは微妙だが、ダートは間違いなく悪い馬場。道悪実績、アドマイヤムーン産駒のコース適性を踏まえて、⑨ショートストーリーが本命だ。逃げたい馬が多く、展開もドンピシャ。平坦に強い母の血も後押しする。

$お宝馬
⑯クールオープニング

近走不振だが、距離が合わなかったとみる。夏の話だが、当該コースで現級僅差3着あり。厳寒期に強いマンハッタンカフェ産駒だけに、今回は走るとみたい。

上位評価は⑮アスターゴールド⑭キーグラウンド⑧サンライズウィズ。押さえは④スルターナ⑤ヴォカツィオーネ⑥テルペリオン①ベストセラーアスク

この記事に取り上げられているレース

バックナンバーbucknumber

一覧へ