11R

2017/11/26(日) 5回東京8日目

ジャパンカップ (GⅠ)

(国際招待)

  • サラ系3歳上オープン (国)(指) 定量
  • 芝2400m 17頭 15:40発走
  • 本賞金 30000万 12000万 7500万 4500万 3000万
my予想印ジェネレーター
無料会員登録はコチラから

 愛馬シュヴァルグラン出走!佐々木主浩の天皇賞春【最終結論】が無料

レース結果

馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 タイム 着差 通過順 上り 調教師 馬体重 α β Ω Ω指数
1 1 1 牡5 57.0 5 13.3 2:23.7 ⑤④④④ 34.7 470(-2) オメガ指数を見るには、
会員の方はログイン
会員でない方は会員登録
してご覧下さい
2 1 2 牡3 55.0 2 3.8 2:23.9 11/4 ⑪⑨⑨⑦ 34.6 484(+8)
3 2 4 牡5 57.0 1 2.1 2:23.9 クビ ①①①① 35.3 542(0)
4 6 11 牡4 57.0 6 15.0 2:24.6 ⑫⑫⑪⑪ 35.1 500(-4)
5 7 14 牡4 57.0 10 101.2 2:24.7 クビ ⑭⑭⑭⑬ 35.1 480(---)
6 5 9 牡4 57.0 8 57.7 2:24.7 クビ ⑯⑯⑰⑰ 34.6 448(-4)
7 4 8 牝3 53.0 4 9.3 2:24.9 ⑧⑥⑥⑦ 35.7 480(0)
8 8 16 牡5 57.0 12 116.5 2:25.0 1/2 ⑩⑪⑨⑪ 35.5 506(+2)
9 2 3 牡5 57.0 9 71.8 2:25.0 クビ ②③③② 36.2 468(---)
10 6 12 牡5 57.0 3 5.7 2:25.2 11/4 ⑬⑫⑪⑦ 36.0 496(-2)
11 7 13 牡4 57.0 7 48.2 2:25.2 クビ ⑤⑥⑥④ 36.1 524(-2)
12 3 5 牡6 57.0 11 102.0 2:25.2 アタマ ⑭⑭⑭⑮ 35.5 502(+2)
12 5 10 牡6 57.0 16 322.5 2:25.2 アタマ ⑨⑥⑥⑦ 35.9 528(---)
14 8 17 牡7 57.0 14 270.9 2:25.3 クビ ⑤⑨⑪⑬ 35.7 482(-6)
15 3 6 牡5 57.0 13 122.9 2:25.5 11/4 ⑯⑯⑯⑮ 35.7 424(---)
16 8 15 牡6 57.0 15 280.8 2:25.7 11/4 ②④④④ 36.7 490(-4)
17 4 7 牡8 57.0 17 445.8 2:26.0 ②②②② 37.2 508(0)

払い戻し

単勝 1 1,330円 馬単 1-2 5,250円
複勝 1
2
4
190円
140円
120円
ワイド 1-2
1-4
2-4
460円
350円
230円
枠連 1-1 1,780円 3連複 1-2-4 1,300円
馬連 1-2 1,770円 3連単 1-2-4 13,340円

通過順

 1着 2着 3着 上がり最速馬
1コーナー 4(3,7,15)(1,13,17)8,10,16,2,11,12(5,14)(6,9)
2コーナー 4,7,3-(1,15)(10,8,13)(2,17)16(11,12)-(5,14)(6,9)
3コーナー 4,7,3(1,15)(10,8,13)(16,2)(11,17,12)-(5,14)6,9
4コーナー 4(3,7)(1,15,13)(10,8,2,12)(16,11)(17,14)(5,6)-9

通過タイム

200m 13.0 (13.0)
400m 11.2 (24.2)
600m 12.1 (36.3)
800m 12.1 (48.4)
1000m 11.8 (1.00.2)
1200m 12.1 (1.12.3)
1400m 12.3 (1.24.6)
1600m 12.2 (1.36.8)
1800m 11.8 (1.48.6)
2000m 11.3 (1.59.9)
2200m 11.8 (2.11.7)
2400m 12.0 (2.23.7)
ペース:スロー (+0.9)
テン:4F 48.4 - 3F 36.3/上がり:4F 46.9 - 3F 35.1

レース後のコメント

1着 シュヴァルグラン(Hボウマ騎手)

「(ロンジン・ワールドベスト)ジョッキーシリーズの優勝を、最終的にこのレースを勝って決められて本当に栄誉に思います。アリガトウゴザイマス!最内枠に決まったときは嬉しいなと思いましたし、キタサンブラックが近くの枠だったのが目標を置きやすい非常にいい枠順だったなと思います。枠順の幸運があったとは言え、キタサンブラックがいいペースで逃げているところをキッチリ捉えるあたり、彼(シュヴァルグラン)の強さを褒めてあげてください。 (レースは)この馬にとって非常に理想的なペースで流れていました。一番走りやすいペースで行けましたし、最後も本当に力強い走りでした。キタサンブラックは強いとも思っていましたけれど、あと200mのところでまだまだ手応えがあって、僕の叱咤に応えてくれて、勝ちを確信しました。今日は本当に強かったです。日本の馬が強いのはわかっていますが、シュヴァルグランもその中の1頭だと思います。日本に来て3回目で勝つことができて、とても嬉しいです」

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line

このレースを取り扱っているコンテンツ