びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

11R

2018/6/3(日) 3回東京2日目

安田記念 (GⅠ)

  • サラ系3歳上オープン (国)(指) 定量
  • 芝1600m 16頭 15:40発走
  • 本賞金 11000万 4400万 2800万 1700万 1100万
my予想印ジェネレーター
無料会員登録はコチラから

 GI5勝のJRA馬主!佐々木主浩【マイルCSの最終結論】無料で教えます!

レース結果

馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 タイム 着差 通過順 上り 調教師 馬体重 α β Ω Ω指数
1 5 10 牡4 58.0 9 15.7 1:31.3 ⑪⑫ 33.3 482(-6) オメガ指数を見るには、
会員の方はログイン
会員でない方は会員登録
してご覧下さい
2 2 4 牝4 56.0 5 10.7 1:31.3 クビ ③③ 34.0 502(-2)
3 1 1 牡4 58.0 1 2.8 1:31.4 3/4 ⑤⑤ 33.9 506(-10)
4 1 2 牡4 58.0 7 14.5 1:31.5 1/2 ⑭⑭ 33.3 514(+10)
5 8 15 牡4 58.0 3 6.4 1:31.5 クビ ⑦⑦ 33.7 486(+4)
6 3 5 牡4 58.0 2 6.1 1:31.7 11/4 ⑦⑦ 34.0 490(+8)
7 8 16 牡6 58.0 14 104.9 1:32.0 ①① 35.2 492(0)
8 7 14 牝4 56.0 6 11.0 1:32.1 クビ ⑪⑩ 34.2 448(-2)
9 5 9 牡7 58.0 8 14.6 1:32.1 クビ ⑮⑮ 33.7 480(+8)
10 4 7 セ6 58.0 11 54.5 1:32.3 11/4 ⑤⑤ 34.8 550(-4)
11 4 8 牡6 58.0 10 45.5 1:32.4 1/2 ③③ 35.0 540(-6)
12 3 6 牝4 56.0 15 146.7 1:32.5 3/4 ②② 35.3 480(+2)
13 6 12 牡5 58.0 12 66.3 1:32.7 ⑪⑫ 34.7 524(+2)
14 2 3 牡6 58.0 16 237.9 1:32.7 アタマ ⑨⑦ 34.9 500(-6)
15 6 11 牡6 58.0 4 9.0 1:32.7 アタマ ⑨⑩ 34.8 514(---)
16 7 13 牡6 58.0 13 78.9 1:32.8 アタマ ⑯⑯ 34.1 496(-6)

払い戻し

単勝 10 1,570円 馬単 10-4 15,290円
複勝 10
4
1
410円
290円
160円
ワイド 4-10
1-10
1-4
2,100円
1,020円
680円
枠連 2-5 4,170円 3連複 1-4-10 6,560円
馬連 4-10 7,370円 3連単 10-4-1 63,280円

通過順

 1着 2着 3着 上がり最速馬
1コーナー
2コーナー
3コーナー 16,6(4,8)(1,7)(5,15)(3,11)(10,12,14)-2,9-13
4コーナー 16-6(4,8)(1,7)(3,5,15)(11,14)(10,12)2,9-13

通過タイム

200m 12.2 (12.2)
400m 10.8 (23.0)
600m 11.2 (34.2)
800m 11.3 (45.5)
1000m 11.3 (56.8)
1200m 11.4 (1.08.2)
1400m 11.4 (1.19.6)
1600m 11.7 (1.31.3)
ペース:ミドル (-0.3)
テン:4F 45.5 - 3F 34.2/上がり:4F 45.8 - 3F 34.5

レース後のコメント

1着 モズアスコット(Cルメール騎手)

「ラスト200mは厳しい戦い。みな勝ちたかったからね。そんななか、きっちり抜け出せてうれしかった。連闘だったけど、今回もよくがんばってくれたね。フランケルの仔はテンションが高いが、経験を積みながら大人しくなった。レースはとても乗りやすいよ」

1着 モズアスコット(矢作芳人調教師)

「G1では2着が多く、ずいぶん悔しい思いをしていました。そのぶん、うれしいですね。特に東京で勝てたのは感激です。 先週の追い切りが終わった時点で、安田記念までに状態を上げきれないのではないかと感じました。連闘したからこそ、勝てたと思います。ジョッキーには『がんばってくれ』としか伝えませんでした。位置取りを見て、後ろすぎるかなと。直線はリスグラシュー、リアルスティールも気になり、集中できなかったとはいえ、あと100mで届くんじゃないかと確信しましたよ。デビューして、まだ1年経っていません。改めて、すごい馬だと思います。これまでの重賞でも敗因はつかんでいて、力負けではないとの自負がありました。まずは無事にと願っています。弱くてデビューが遅れただけに、今後の上昇度はすごいでしょうね。フランケル産駒ですし、世界的な種牡馬になってほしい。フランケルの牝はテンションの高さに泣かされるケースも多いのですが、この馬はオン・オフがしっかり付き、扱いやすい。連闘も容易です。いずれは世界を視野に入れたいですね。ただし、輸送もあり、時期は慎重に考えてから。秋は国内に専念する可能性が高いと思います」

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line