びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

11R

2018/9/30(日) 4回中山9日目

スプリンターズS (GⅠ)

  • サラ系3歳上オープン (国)(指) 定量
  • 芝1200m 16頭 15:40発走
  • 本賞金 11000万 4400万 2800万 1700万 1100万
my予想印ジェネレーター
無料会員登録はコチラから

 JRA馬主・佐々木主浩が【新潟2歳Sの最終結論】を無料公開!

レース結果

馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 タイム 着差 通過順 上り 調教師 馬体重 α β Ω Ω指数
1 4 8 牡5 57.0 1 2.8 1:08.3 ⑥⑧ 34.5 470(0) オメガ指数を見るには、
会員の方はログイン
会員でない方は会員登録
してご覧下さい
2 5 9 牝3 53.0 11 31.7 1:08.3 クビ ②② 35.1 436(+2)
3 1 1 牡7 57.0 13 63.7 1:08.4 1/2 ③④ 35.0 444(+2)
4 3 6 牝5 55.0 10 30.8 1:08.5 クビ ⑫⑨ 34.4 506(+4)
5 5 10 牝6 55.0 4 11.8 1:08.6 3/4 ⑬⑪ 34.3 490(-8)
6 2 3 牝5 55.0 3 10.8 1:08.7 クビ ①① 35.7 454(+6)
7 6 12 牝5 55.0 2 3.4 1:08.7 アタマ ③② 35.3 520(-2)
8 4 7 牡6 57.0 12 55.3 1:08.9 11/4 ⑨⑪ 34.9 532(0)
9 1 2 牡7 57.0 15 127.0 1:08.9 ハナ ⑥⑥ 35.1 502(-10)
10 8 16 牡7 57.0 5 13.3 1:09.0 1/2 ⑬⑭ 34.7 476(-4)
11 7 13 牡8 57.0 16 303.8 1:09.0 クビ ⑮⑪ 34.6 454(-8)
12 6 11 牡5 57.0 8 14.8 1:09.2 ③④ 35.7 504(+4)
13 8 15 セ5 57.0 7 14.5 1:09.2 クビ ⑮⑯ 34.7 510(+8)
14 3 5 牡6 57.0 6 13.5 1:09.5 13/4 ⑥⑥ 35.8 492(+2)
15 2 4 牡10 57.0 14 100.3 1:10.3 ⑨⑨ 36.4 512(0)
中止 7 14 セ7 57.0 9 29.8 ⑨⑭ 492(+15)

払い戻し

単勝 8 280円 馬単 8-9 5,260円
複勝 8
9
1
150円
510円
1,400円
ワイド 8-9
1-8
1-9
1,340円
3,740円
13,850円
枠連 4-5 1,150円 3連複 1-8-9 65,370円
馬連 8-9 4,140円 3連単 8-9-1 209,620円

通過順

 1着 2着 3着 上がり最速馬
1コーナー
2コーナー
3コーナー 3,9(1,12,11)(2,5,8)(4,7,14)6(10,16)(13,15)
4コーナー 3(9,12)(1,11)(2,5)8(6,4)(13,10,7)(14,16)15

通過タイム

200m 11.7 (11.7)
400m 10.3 (22.0)
600m 11.0 (33.0)
800m 11.3 (44.3)
1000m 11.5 (55.8)
1200m 12.5 (1.08.3)
ペース:ハイ (-2.3)
テン:4F 44.3 - 3F 33.0/上がり:4F 46.3 - 3F 35.3

レース後のコメント

1着 ファインニードル(川田将雅騎手)

「着差は僅かでしたが、春のG1も勝ってくれて、秋初戦も勝って、ここを決めたいという思いでスタッフ一同やってきましたからよかったです。春とは馬が変わってきていて、最近、あまり「良さ」をみせないんですよね。追い切りでもそう、今日の返し馬でもそうでしたが、馬を信じてレースにはいどみました。

前回もこなしていますし、馬場は心配していませんでした。ゲートを上手に出て、外の馬をやり過ごしたのですが、獲りたい位置をアレスバローズにとられ、思っていた以上に外を回す形。4コーナーの手ごたえはイマイチでしたが、動き出してからはこれなら、と思いました。しっかり勝ち切ってくれることが何より。馬を誇らしく思います。今後はオーナーが決めることですが、どこに向かっても、自分の力を出し切ってほしいですね」

1着 ファインニードル(高橋義忠調教師)

「1番人気を背負っていましたから、ヒヤヒヤものでした。勝ててよかったです。今日は鞍を着ける時からスイッチの切り替わりが早く、眼つきなどは日頃から意識してみていますが、レースまでもてばいいなと思いました。レースは3コーナーあたりから手が動いて、あれっと思いましたが、直線でギアが上がって何とか頑張ってほしいという思いで観ていましたが、とても落ち着いてみられる状況ではなかったですね。

ジョッキーともレース後に話しましたが、馬がレースをわかってきている感じてすね。去年もこのレースを使い、シルクロードS前に戻ってくる時には身体がよくなり、別馬かと思うほどでした。そこが転機だったと思いますが、今年一年で力をつけ、どこまで良くなるかわからないほど。まだ成長するんじゃないかと期待しています。

今後については、まだ競馬が終わったばかりです。オーナーと相談して決めていきたいです。もし、再び香港にいくことになれば、こちらも春とは違った思いで挑めると思います」

  • twitter
  • facebook
  • line