【チャンピオンズカップ】G1オーナー佐々木主浩の最終結論!馬主視点で指名する◎は!?

新潟競馬場 芝1200m
新潟競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

向こう正面の直線入口からのスタートで、3コーナーまでの距離は448m。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩やかな下り坂のため、スピードが落ちない。また、最後の直線距離はローカル場では最長の359mあって、ハイペースで止まった逃げ馬を持続力のある先行馬、差し馬が抜け出すといったパターンが多い。

施行数の多い3歳未勝利、古馬500万ともに上位人気が強く、2歳戦もその傾向。しかし、施行数が少ないが、メインや後半に組まれて目に触れる機会が多いところで、荒れている傾向があり、そのイメージのまま下級条件で穴狙いに走ると危険。言い換えれば、後半に組まれているレースは思い切った穴狙いが出来る。

  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 4 4 3 12 17.4% 108.7%
    2 3 2 2 6 23.1% 118.5%
    3 3 1 1 17 13.6% 75.0%
    4 3 0 0 13 18.8% 645.0%
    5 2 3 1 10 12.5% 155.6%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 2 2 0 7 18.2% 260.0%
    2 2 1 0 9 16.7% 78.3%
    3 2 0 1 7 20.0% 76.0%
    4 2 0 0 5 28.6% 508.6%
    5 2 0 0 5 28.6% 354.3%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 3 11 3 4 64 13.4% ---
    2 2 5 6 3 65 6.3% ---
    3 5 5 9 6 63 6.0% ---
    4 7 6 6 8 81 5.9% ---
    5 8 6 2 4 90 5.9% ---

※集計期間:2018年1月1日から現在まで

買いの法則

メイショウボーラー
産駒
千直では苦戦していた一方、1F違うだけで【5-1-0-15】とガラリ一変。
マツリダゴッホ産駒も【3-6-3-14】で千四とは変化が見て取れる。
堀 宣行
厩舎
短距離のイメージが薄い厩舎ではあるが【3-2-2-9】で連対率50%超えはさすが。
名門厩舎の狙い撃ちに注目だ。
    

消しの法則

柴田 善臣
騎手
【0-0-2-20】で連対率ゼロ。騎乗馬は平均7.8人気。
人気馬に乗っていないわけではないのだが、苦しいデータだ。
ネオユニヴァース
産駒
いかにも適性外の印象ではあるが【0-4-1-32】で勝ち星には届いていない。


集計は2013年~2017年1回新潟/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア
  • twitter
  • facebook
  • line