【トレセン珍百景】U字でVゴールを決める馬

トピックス

「叩き上げの雑草みたいな馬だけど、試行錯誤を繰り返したぶん、愛着は深いんだ。これだけ数を使っていても、まだ伸びそうな手応えがあるよ」

こう柴田光陽調教師が話すのは、今週の阪神、日曜10Rの六甲Sで6勝目を狙うテイエムアタック(牡6、栗東・柴田光厩舎)のこと。

「前走(阪急杯)は、初の重賞挑戦で5着。よくがんばっているが、直線で手前が替わらなかったのが悔やまれる。得意のマイルだけに、ここは決めたいよ」

すでに37戦を消化。典型的な遅咲きのタイプだ。出世が遅れた理由もはっきりしている。

「若いころは、前に馬がいると燃えてしまい、不完全燃焼ばかり。初勝利が10戦目。500万下はさらに12戦を消化して、ようやく卒業したんだよ。


後方で折り合えるようになって、いまではびっくりするような末脚を使うようになった。なのに、展開に泣いたり、不利を受けたりすることも多かったからね。雲雀Sでの勝利はうれしかったなぁ。ようやく流れが変わった」

ユニークなのは、ここまでの歩みだけではない。鼻の上にU字型の白斑があり、ひと目でわかる印象的な顔をしているのだ。不思議なシンボルマークを眺めているうちに、幸運のお守りとされる馬蹄を連想した。ヨーロッパでは古くから運気を上げるとされ、親しまれた形。馬は人を踏まないことから、安全を願って蹄鉄が付けられた自動車もよく目にするが、確かに同馬は丈夫で、事故とも無縁である。

「釣り針にも見えるでしょ。大きな獲物が掛からないかな」

と、柴田師は笑う。U字をVサインに変え、テイエムアタックはゴールを駆け抜ける。

柴田 光陽
(しばた みつはる)
1952年12月3日生まれ
[免許交付年] 1989年
[厩舎開業年] 1990年
[所属] 栗東
[今年度成績] 51戦3勝(うち障害1戦0勝)
[生涯成績] 4397戦287勝(うち障害146戦10勝)

テイエムアタック
(牡6、栗東・柴田光厩舎)
父:テイエムオペラオー
母:テイエムキララ
母父:フジキセキ
近親:テイエムマッチョ
通算成績:37戦5勝