11R

2017/8/13(日) 2回新潟6日目

関屋記念(GⅢ)

  • サラ系3歳上オープン (国)(特) 別定
  • 芝1600m 16頭 15:45発走
  • 本賞金 3900万 1600万 980万 590万 390万
菊花賞

 【菊花賞】GI4勝のJRA馬主・佐々木主浩はこう買う!

新潟競馬場 芝1600m
新潟競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

向正面からのスタートで3コーナーまでの直線距離は548m。2歳新馬以外は前半600m通過が35秒台と速く、古馬の上級条件では34秒台に突入することも珍しくない。

芝1800m同様、コーナーで一旦緩み、日本一長い659mの直線での上がり勝負。急→緩→急の典型的なラップになった場合に逃げ切るのは至難の業。上手く前々から押し切るためには、道中で極端にペースを緩めず、直線の入り口までに後続とのリードを広げておく必要がある。

馬券の狙いはやはり差し馬。特に、新潟コース実績がある馬は要注意。他コースで凡走が続いていても、新潟コース替わりでパフォーマンスを上げてくるケースは多い。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り
2歳 新馬 25 1.37.0 37.2 33.8 -3.4 33.5 9 27 28 11
未勝利 24 1.35.5 35.9 34.4 -1.5 33.9 6 20 42 4
500万 2 1.36.3 35.9 34.5 -1.4 34.2 1 3 1 1
オープン 4 1.34.0 35.4 33.9 -1.5 32.9 0 1 5 6
3歳 未勝利 21 1.35.0 35.7 34.6 -1.1 33.9 3 18 27 15
混合 500万 28 1.34.7 35.9 34.4 -1.5 33.7 7 20 39 18
1000万 9 1.33.7 35.8 33.8 -2.0 33.2 1 13 10 3
1600万 5 1.33.1 35.3 34.2 -1.1 33.4 2 4 7 2
オープン 9 1.33.2 35.7 33.9 -1.8 33.4 3 9 9 6

買いの法則

松永 幹夫
厩舎
馬や時季などに偏りがあるわけではないが【4-4-2-12】。
連対率36.4%、単勝回収値も322と優秀な成績だ。
小島 茂之
厩舎
両極端なイメージにも映るが【4-2-0-7】で約半数が連対している。
    

消しの法則

大野 拓弥
騎手
2、3着があるだけに消しとまでは言い難いが【0-5-6-77】で未勝利。
この条件での勝ち星は2009年まで遡らなくてはいけない。
ロージズインメイ
産駒
持続力タイプだけに、瞬発力の求められるコースは厳しいのか【0-1-2-37】で苦戦。

上記の集計は2013年~2017年1回新潟/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア
  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 7 4 2 11 29.2% 103.3%
    2 6 3 2 14 24.0% 76.0%
    3 5 4 2 11 22.7% 277.7%
    4 3 4 0 25 9.4% 97.8%
    5 3 3 4 37 6.4% 104.0%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 5 1 0 8 35.7% 238.6%
    2 3 3 0 7 23.1% 216.9%
    3 3 1 1 15 15.0% 166.0%
    4 3 1 0 2 50.0% 136.7%
    5 2 1 1 8 16.7% 428.3%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 6 13 12 11 91 10.2% ---
    2 8 10 14 7 123 6.5% ---
    3 5 9 6 5 105 7.2% ---
    4 7 8 10 9 121 5.4% ---
    5 2 8 6 12 91 6.8% ---

このレースを取り扱っているコンテンツ