11R

2018/2/18(日) 1回東京8日目

フェブラリーS (GⅠ)

  • サラ系4歳上オープン (国)(指) 定量
  • ダ1600m 16頭 15:40発走
  • 本賞金 10000万 4000万 2500万 1500万 1000万
my予想印ジェネレーター
無料会員登録はコチラから

 JRA馬主・佐々木主浩の日本ダービー【最終結論】が無料で見られる!

レース結果

馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 タイム 着差 通過順 上り 調教師 馬体重 α β Ω Ω指数
1 6 12 セ6 57.0 4 10.7 1:36.0 ⑭⑬ 36.1 450(-6) オメガ指数を見るには、
会員の方はログイン
会員でない方は会員登録
してご覧下さい
2 7 14 牡5 57.0 1 2.1 1:36.0 クビ ⑩⑧ 36.4 524(-14)
3 3 6 牡8 57.0 6 20.0 1:36.1 クビ ⑦⑥ 36.7 512(+5)
4 8 16 牡4 57.0 3 7.1 1:36.6 ⑨⑧ 37.0 536(+4)
5 7 13 牝6 55.0 10 51.0 1:36.7 1/2 ⑩⑪ 37.0 492(+4)
6 5 9 牡7 57.0 12 81.5 1:36.7 ハナ ⑮⑬ 36.8 470(-6)
7 4 8 牡7 57.0 15 242.3 1:37.1 21/2 ⑩⑪ 37.4 486(+4)
8 3 5 セ8 57.0 11 54.4 1:37.5 21/2 ⑮⑬ 37.6 478(-3)
9 2 4 牡8 57.0 7 23.6 1:37.6 クビ ⑩⑬ 37.7 516(+2)
10 8 15 牡8 57.0 8 32.2 1:37.6 クビ ⑥⑥ 38.3 518(0)
11 1 2 牡5 57.0 5 15.4 1:37.7 1/2 ②② 39.4 516(0)
12 5 10 牡6 57.0 2 3.7 1:37.9 3/4 ③③ 39.4 496(-2)
13 2 3 牡6 57.0 16 257.0 1:38.3 21/2 ④④ 39.6 510(-8)
14 6 11 牡5 57.0 9 33.2 1:38.5 11/2 ⑦⑧ 39.0 522(+10)
15 4 7 牝6 55.0 14 199.4 1:38.8 13/4 ⑤⑤ 39.7 548(-16)
16 1 1 牡7 57.0 13 124.1 1:39.0 11/4 ①① 40.7 508(-6)

払い戻し

単勝 12 1,070円 馬単 12-14 3,530円
複勝 12
14
6
280円
130円
350円
ワイド 12-14
6-12
6-14
520円
2,620円
720円
枠連 6-7 870円 3連複 6-12-14 6,540円
馬連 12-14 1,140円 3連単 12-14-6 41,560円

通過順

 1着 2着 3着 上がり最速馬
1コーナー
2コーナー
3コーナー (*1,2)10-3-7-15(11,6)16(4,8,13,14)12(5,9)
4コーナー (*1,2)10,3-7(15,6)(11,16,14)(8,13)(4,5,9,12)

通過タイム

200m 12.2 (12.2)
400m 10.7 (22.9)
600m 11.2 (34.1)
800m 11.7 (45.8)
1000m 12.5 (58.3)
1200m 12.6 (1.10.9)
1400m 12.3 (1.23.2)
1600m 12.8 (1.35.0)
ペース:ハイ (-4.4)
テン:4F 45.8 - 3F 34.1/上がり:4F 50.2 - 3F 37.7

レース後のコメント

1着 ノンコノユメ(内田博幸騎手)

「末脚を生かす競馬をしました。有力馬を前に見て、それを見ながら運べばいいところがあると思っていました。有力馬に被されない競馬をしたかった。ゴールしてノンコノユメにごくろうさまですといいました。スタッフさん、調教師さん、馬主さんが悔しい思いをしてきましたが、馬を管理するスタッフさんたち、縁の下の力持ちの皆さんのおかげで今があると思います。ノンコは頑張ればできるということを教えてくれました。」

1着 ノンコノユメ(加藤征弘調教師)

「根岸Sのレース後ちょっと疲れが出ましたが、回復がすごく早かったです。とても元気が良かったです。とにかく外に、被されないように出そうと騎手とは相談していました。思ったより後ろでしたが、外に馬がいませんでしたし、前半流れてくれたのも良かったです。中央初G1制覇でしたが、思ったより冷静に見ることができました。セン馬にしてから色々と批判もありましたが、根岸Sでものすごい脚を使ってくれたのでホッとしていました。去年の夏場にしっかり休ませたことで、昔の馬体に戻ってきましたね。右股関節に疲れがたまりやすい馬ですが、休ませて治り、その分調教で負荷をかけられるようになったのも大きかったと思います。ここにきてこの馬らしさが出るようになり、今日もすばらしい末脚を見せてくれました。これからもこの馬らしいレースを見せられればと思います」

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line

このレースを取り扱っているコンテンツ